23September2017

Home インドネシアの音楽 クロンチョンの女性歌手Waldjinah

クロンチョンの女性歌手Waldjinah

音楽の広場の時間です。今日は、クロンチョンの女性歌手Waldjinahをご紹介します。まず、Harapan Jumpaを聞いてみましょう。Waldjinahが歌います。

この歌は恋人に立ち去られた男の物語についてです。便りも伝言もありません。愛に返事はありません。しかし、彼はまだ彼の心を満たすために恋人に再び会えることを期待しています。この曲について一瞬のうちに見ることができます。

中部ジャワ州出身の女性は、特にジャワクロンチョンでの、クロンチョン専門の歌手です。彼女は、クロンチョン女王というニックネームで知られています。彼女のキャリアは、1958年にRatu Kembang Katjangというタイトルの歌手コンテストで受賞して始まりました。1965年、Waldjinahは、インドネシア・ラジオスターのチャンピオンになりました。彼女は初期に、Enny Koesrini と Sri Rahadjengなどの他の歌手と一緒にElingo Beboyo(1968)のコンピレーションアルバムをリリースしました。多くのアルバムは、彼女が率いるBintang Surakartaクロンチョンオーケストラが伴奏します。それでは、次の曲です。Waldjinahが歌います。Kalung Mutiara、どうぞお楽しみください。

これは、2人のインドネシアの伝説的なクロンチョン歌手によって歌われる本物のクロンチョンの曲です。彼らは、クロンチョン女王とクロンチョン・マエストロGesangです。Gesangとのデュエットに加えて、Waldjinahは、スラバヤ市出身でクロンチョロン・クロコダイルとして知られているMus Mulyadiとデュエットしたこともあります。Waldjinahの名前は、Walang Kekekという曲で急上昇しました。彼女は、頻繁にGesang、 Anjar Any 、 Marzuki Ismailによって作曲された曲を歌いました。

Waldjinahは、年を取るにつれ、クロンチョン音楽に忠実であり、それを保護します。彼女は、2017年7月21日から22日まで行われたソロ・クロンチョン・フェスティバル2017の開催にかかわりあいました。舞台裏だけでしたが、Waldjinahは、祖国でクロンチョン音楽を保護する努力を続けることができ幸せでした。最後の曲です。Waldjinahが歌います。Meratap Hati 、そして Stambul Jauh di Mata、どうぞお聞きください。

これで、音楽の広場を終わります

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990