21July2017

Home インドネシアの音楽 クロンチョンの男性歌手SAM SAIMUN

クロンチョンの男性歌手SAM SAIMUN

音楽の広場の時間です。今日は、クロンチョンの男性歌手SAM SAIMUNをご紹介します。まず、Juwita Malamを聞いてみましょう。Sam Saimunが歌います。

Sam Saimun は、50年代のインドネシアの歌手です。彼は、ソフトで個性的で、ビブラートのきいた声という、彼に定着した特徴があります。Sam Saimun はまた積極的に、インドネシアラジオ放送局・RRIで、クロンチョンの曲を歌いました。伝説的な声質で、Sam Saimun は、イスマイルマルズキ、Gesang、ウォルジナ、ビング・スラメット、およびTitik Puspaと並び称されています。それでは、次の曲です。Sam Saimunが歌います。Selendang Sutra、どうぞお楽しみください。

Sam Saimunの名前は、1951年、1952年と1955年に、インドネシア共和国ラジオ・RRIの番組のクロンチョン部門で優勝して以来、インドネシアの音楽シーンで有名になりました。Sam Saimunの名声は、インドネシアのほか、マレーシアにも達しています。しかし、過去の彼の名声は、現在は届いていません。現在、Sam Saimunの名前を知っている人は、ごくわずかです。また、インドネシアの音楽愛好家たちも、Sam Saimunの話をあまり聞かなくなりました。しかし、2012年に、ジャズ音楽祭で、Sam Saimunのゴールデン・ボイスを記念し、敬意を表するために特別なショーを開催しました。最後の曲です。Sam Saimunが歌います、Sepasang Mata Bola、そしてMelati di Tapal Batas、どうぞお聞きください

これで、音楽の広場を終わります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990