24May2017

SAM SAIMUN

音楽の広場です。今回はインドネシアの男性歌手、Sam Saimunをご紹介します。では皆さん最初にSam Saimunの曲「Pujaan Kalbu」を聞いてください。

この曲は誰かが恋人に大きく深くに愛の感情について語りました。SamはRRIでのよく出てきたKeroncongの歌手です。彼の音楽業界での達成はRRIスターKeroncongのカテゴリの選挙の1951年、1952年、1955年に勝者となったから始めました。SamはKeroncong以外の曲はポップの曲もよく歌いました。例えば、Aryati、Kasih Tak Terbalas、Semalam di Kuala Lumpur、とLukisan Malamです。そして、彼が歌われたKeroncongの曲は、Juwita Malam、Bengawan Solo、とSelendang Sutraです。では皆さん次にSamSaimunの曲「Di Wajahmu Kulihat Bulan」を聞いてください。

Sam Saimunは1950年ぐらいにNina Kiranaと一緒に録音の申し出を得ました。1950年の半ばにその録音の結果は販売されました。彼らもBintang Malamの曲をA. Usmanが率いたOrkes Lima Seramaと一緒に歌いました。ルンバのジャンルのBintang MalamはOrkes Studio Jakartaの会長Saiful Bakhriを注目されました。それでは皆さん、最後にSam Saimunの2つの曲「Lukisan Malam」と「Bujang Dara」を聞いてください。

これで、音楽の広場を終わります。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990