18December2017

Home ニュース ユスフ・カラ副大統領は、サバンセイル2017は、インドネシア観光セクターの発展を証明すると述べた

ユスフ・カラ副大統領は、サバンセイル2017は、インドネシア観光セクターの発展を証明すると述べた

サバンセイル2017は、11月28日から開催され、12月4日に終了しました。メインイベントは、12月2日土曜日、アチェ州のSukakarya区Pasiran村サバン市にあるサバン事業機関のコンテナ港で、ユスフ・カラ大統領によって正式に開かれました。ユスフ・カラ副大統領は、演説で、サバンは観光や海洋の開発のための戦略的なエリアだと語りました。観光部門を奨励する一環としての利用では、観光は巨大な経済の原動力であるため、適切に管理されるべきです。ユスフ・カラ副大統領は、観光客を誘致することができると期待しました。

インサート :私たちは、世界の技術、特に海事分野での考え方を変えなければなりません。 したがって、サバンセイル 2017は、貿易に加えて、将来的に発展することを証明し、そのため観光は、非常に大きな経済的な柱となります。

それに関連して、Irwandi Yusufアチェ州知事は、副大統領は、港を増やし、国際空港としてMaimun Saleh空港を開発すると述べました。また、中央政府は、世界海洋観光の端末としてサバンを開発するために完全なサポートを提供することを望んでいます。サバンセイル2017は、Luhut Binsar Panjaitan海事調整大臣、Arif Yahya観光大臣、Susi Pujiastuti海洋水産大臣が出席しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990