18December2017

Home ニュース 大統領は、災害危険地域での食糧生産の予測を命じる

大統領は、災害危険地域での食糧生産の予測を命じる

 

ジョコ・ウィドド大統領は、インドネシアを襲う熱帯低気圧の影響を予測するための措置をとることを彼のスタッフを命じました。大統領によると、このような措置は、特に国の食糧生産部門の保護と自然災害の影響を減らすために行われるべきであるということです。大統領はまた、12月2日土曜日、ジャカルタのブンカルノスタジアムでいくつかのスポーツアリーナを発足した後、インドネシアの物流の流通経路を維持するようスタッフに要請ました。

インサート:私たちは、特に食糧生産のために、異常気象の影響を予測する必要があります。現在までは、問題は起こりませんでしたが、12月、1月と先は続きます。特に物流路は、災害のために破壊されては困るので、予測し、注意する必要があります。

また、ジョコ・ウィドド大統領は、異常気象のため、注意をするよう、インドネシアのすべての人々に訴えました。大統領はまた、災害が発生した場合にコミュニティを迅速に支援するため、末端(のスタッフにまで命じています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990