19November2017

Home ニュース インドネシアの移住労働者保護法で、政府と労働アタッシェは、労働市場情報を提供する

インドネシアの移住労働者保護法で、政府と労働アタッシェは、労働市場情報を提供する

労働省は、インドネシア人労働者保護法は、全体的にインドネシアにおける労働移動の管理(かんり)を改善することができると考えています。この法律のポイントの1つは、地方自治体の機能の強化と海外の労働アタッシェを支配する事です。人材省の事務局Hery Sudarmanto局長は、11月5日日曜日、クアラルンプールのPanggung NusantaraのイベントのRRIのインタビューで、この法律に基づいて、地方政府および州政府は、労働市場情報の形で海外の労働者のニーズの方向性を提供するために、労働アタッシェと相乗的に協力しなければならないと語りました。

インサート :海外からの労働市場情報は、“labor market”という労働アタッシェからの労働市場情報を通じています。完璧なジョブオーダーは、村と地区に広がっていくので、やがて労働者は、気づきます。マレーシアではこれが必要なのでしょうか? やがて、労働者は、彼らの可能性に応じてそのニーズを選びます。インドネシアの労働者は、マレーシアに要求された正確なニーズを知っているので、ブロカーの存在はもはや必要ありません。

Hery Sudarmanto局長はまた、サービスと労働の部門は、パーム油、観光、石油、ガス、石炭、繊維製品の後に外国為替の収入として6位を占めているので、依然として重要なポイントの1つだと述べました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990