20October2017

Home ニュース インドネシアは、5 - 0でモンゴルを破った

インドネシアは、5 - 0でモンゴルを破った

インドネシアはバドミントン世界連盟ジュニア選手権2017の第二試合でモンゴルを下しました。10月10日(火曜日)に、ジョグジャカルタのスポーツアリーナ・オブスロゴで行われた試合で、様々に選手構成を下げたインドネシアは、5 - 0でモンゴルを破りました。インドネシアチームのマネジャーSusi Susantiは、彼女のチームは、計算上ではモンゴルに勝てると確信していました。しかし、彼女は、まだ集中力を保ち、相手を過小評価しないように選手た

インサート :今日のモンゴルとインドネシアの試合では、我々は、5-0で勝ちました。 確かに、我々が予測したように、我々はまだモンゴルよりも格上にいます。その結果、我々の選手たちは楽(らく)に良いプレーをすることができました。そして、我々も、いつも準備を整え、不注意にならないようにと選手たち

混合ダブルスで、Rinov Rivaldy、Angelica Wiratamaペアによって強化されているインドネシアは、Kerlen Darkhanbaatar、Temuulen Gombodorjペアに対して21対3と、21対10のスコアで勝つことができました。その後、インドネシアの男子シングルス選手、イクサン・レオナルド(Ikhsan Leonardo)は、21対6  と、21対5のスコアでSumiyasuren Enkhbatを破りました。インドネシアの女子シングルス選手、Choirunnisa Shohibul Fikriは、21対3と21対4のスコアでGantseseg Baatarsurenを破りました。インドネシア男子ダブルスのMuhammad Shohibul Fikri 、Yeremia Erichペアは、21対3と21対6のスコアで、モンゴル選手、Sumiyasuren Enkhbat、Temuulen Gombodorjペアを破りました。一方、インドネシアの女子ダブルスのAgatha Imanuela 、Siti Fadiaペアは、Gantseseg Baatarsuren、Kherlen Darkhanbaataペアに対し、21対7と21対4での勝利で試合を終わらせました。

に思い出させていました。

ちに言い聞かせていました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990