15December2017

Home ニュース アグン山の警戒状態は、観光業に影響しない

アグン山の警戒状態は、観光業に影響しない

バリのバドゥン地区のI Made Badra観光局長は、アグン山の警戒状態(レベル4)は、地元地域の観光部門にまだ影響を与えていないと述べました。I Made Badra局長は、日曜日にバリで、観光客の来訪や様々な国からの航空便は、まだいつも通り正常だと語りました。彼は、バリ島に来てバドゥンの観光地を訪問したいと希望する外国人観光客はむしろ増加している、なぜなら先日火山地質災害緩和センターが発布(はっぷ)した半径(はんけい)9-12キロメートル内にないためだと主張しました。I Made Badra局長は、このバリで最も高い山が、ヨーロッパからの観光客に、バリに来るのはまだ安全だと感じさせることを期待しています。彼はまた、アグン山の警戒状態が、バリ、特にバドゥン地区の観光には影響を与えないことを望んでいます。なぜなら、地元自治体は、2017年のバートンへの外国人観光客600万人の訪問を目指しているからです。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990