15December2017

Home ニュース 大統領は、コーヒー活動家とのヌサンタラコーヒー開発について議論

大統領は、コーヒー活動家とのヌサンタラコーヒー開発について議論

 

ジョコ・ウィドド大統領は、日曜の午後、西ジャワ州ボゴールの大統領宮殿で、何人かのコーヒー産業界の活動家やベンチャー界を代表する若者と交流しました。 この会合は、毎年10月1日の世界コーヒーデーを記念して開催されました。 ジョコ・ウィドド大統領は、挨拶の中で、農家やコーヒー活動家が、コーヒー栽培のプロセスを重視するだけではなく、その後の開発努力についても考えることに期待を表明しました。 大統領によると、コーヒーの植え付け後のステップは、きちんとした見積もりによって、コーヒーの活動家に大きな利益をもたらすということです。

インサート:それに、私たちは、農地だけにかかりきりになっているわけにはいかないことを思い出す必要もあります。農地での作業は重要ですが、私の考えでは、より重要なことは、コーヒーが買い手や消費者に提供されるまでのビジネスプロセスを見ることができれば、むしろ利益ははるかに大きくなります。なぜなら、最高の利益はそこにあるからです。したがって、ビジネスプロセスを本当に習得できれば、農民は、価格を引き上げるでしょう。

ジョコ・ウィドド大統領は、コーヒーの活動家が、国産コーヒーの発展事業を互いに支援するように奨励しました。大統領によると、様々な活動家の間の協力は、インドネシアの人々だけでなく、国際市場へのコーヒーの開発努力を促進するということです。この会合の機会に、インドネシアのコーヒー業界の活動家たちは、インドネシアにおけるコーヒー産業の発展に関連した事柄(ことがら)を伝えました。彼らは、しばしば直面する障害について伝えました。このイベントには、多くの政府関係者、コーヒー農家、小売起業家、コーヒーマシンメーカー、コーヒー愛好家が参加しました。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990