23September2017

Home ニュース 乾季に直面して、大統領は、省庁と県知事からの対策を指示する

乾季に直面して、大統領は、省庁と県知事からの対策を指示する

2017年のインドネシアの乾期は、2015年のエルニーニョの災害の経験ほど深刻ではありませんが、気象・気候・地球物理学庁-BMKGは、インドネシアのいくつかの地域で、60日間連続して雨が降らなかったと報告しました。BMKGはまた、ジャワのいくつかの地域では現在、干ばつのピークに達していると報告しています。それに関連して、ジョコ・ウィドド大統領は、現地の干ばつの状態に注意を払うよう県知事を含むスタッフに要請しました。火曜日にジャカルタ大統領府で開催された作業内閣限定閣議で、大統領は、すぐに干ばつ災害に対する先行策を取るようにすべての関係者に命じました。大統領によると先行策に関連するものとしては、必要とする住民や農業灌漑のために清潔な水を確保するということがあります。

インサート:そのため、私は、実際に地面に状態を確認し、すぐに干ばつに応じた措置をとる事をすべての省庁や関係機関だけでなく、知事にも要請します。短期的には、干ばつの影響を受けた人々のためにきれいな水を提供するのを助けたいと思っています。また、私は非常に必要とされる農業灌漑のために、特に影響を受けた農地に水を引くことに関連して水の供給がチェックされることを望みます。

また、大統領は、過去2年間に、ジョコ・ウィドド・ユスフ・カラの政権は、いくつかの場所にダムと貯水池を建設したと伝えました。これは現在の乾季に対する解決策になることが期待されています。大統領はまた、森林火災、特に泥炭地での火災を避けるために、現在の乾季に対処するための政府の準備が改善されることを期待しています。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990