23September2017

Home ニュース インドネシアは、気候変動対策にコミットメント

インドネシアは、気候変動対策にコミットメント

環境林業大臣顧問Wahyudi Wardoyo氏は、インドネシアは、ガス排出量削減による気候変動への積極的な役割を果たすことができると述べました。群島国としてインドネシアは、気候変動の影響を受けています。これは、2017年9月11日(月曜日)に、インドネシア放送局RRIのインタビューで、Wahyudi Wardoyo氏が語ったものです。ガス排出削減に向けたインドネシアの具体的な取り組みとしては、気候変動に関するパリ協定に合意し署名しました。パリ協定では、2度の気温を下げることを約束した100カ国が署名しました。政府と国会(DPR)は、ガス排出削減の国家決定寄稿(NDC)を起草し、気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出しました。これは、すべての市民が保護を受けると言う1945年28条の憲法の実施でもあります。彼によると、気候変動に取り組むための努力が必要であり、それが解決されなければ、その影響は、インドネシアだけでなく、世界にも及ぶとの事です。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990