19November2017

Home ニュース 紛争解決を期待して、ジョコウィドド大統領は、ミャンマーへのインドネシア外相を任命

紛争解決を期待して、ジョコウィドド大統領は、ミャンマーへのインドネシア外相を任命

ジョコウィドド大統領は、ミャンマー,ラカイン州の暴力をやめさせ、防止(ぼうし)するために、ミャンマー政府と地域当局に会うために、レント・マルスディ外相を派遣します。日曜日の夜、ジャカルタの大統領官邸で行われた記者会見で、ジョコウィドド大統領は、ミャンマーのイスラム教徒を含め、すべての市民を保護するように、ミャンマーの政府に求めます。また、ジョコウィドド大統領は、ラマイネ州の紛争犠牲者の救援へのアクセスを開くようミャンマー政府に要請しました。ミャンマー政府に会うという任務に加えて、ジョコウィドド大統領は、バングラデシュのダッカの難民のための人道的援助を準備するよう、外務大臣に命じました。大統領は近い将来、ミャンマーの紛争犠牲者に食糧や医療援助を再開する予定です。

インサート :私は、国連事務総長、Antonio Guiterrez氏、Rakhine 州の特別諮問委員会、Kofi Annan氏などを含む様々な陣営委との集中的なコミュニケーションを確立する様に外務大臣に命じました。そして、昨日の午後に外務大臣は、ミャンマー政府に暴力をやめさせ、防止を要請するために、ミャンマーへ向け出発しました。イスラム教徒を含むすべての市民に保護を提供し、人道援助へのアクセスを提供するようにするためです。私はまた、バングラデシュに住む難民が必要とする人道的援助を準備しするために、バングラデシュのダッカに行くように外務大臣に命じました。私たちは今週、より多くの救援食料や医薬品を送ることを期待します。人道危機の暴力は、すぐにやめさせなければなりません。

また、大統領は、インドネシアは、ミャンマーのラカイン州で発生した暴力に遺憾の意を表しました。大統領は、ただ非難するのではなく、ミャンマーの紛争での犠牲者を助けるために実際の行動をとる事が必要だと強調しました。大統領によると、これまで、インドネシア政府は、インドネシアの市民社会の強さと国際社会との相乗効果で、ミャンマーでの人道危機を解決するためにコミットし続けています。インドネシア政府は、1月―2月期間に食品や医薬品の形でコンテナ10個分の援助を送りました。インドネシア政府はまた、ラカイン州にミャンマーの人々の為の学校を建設しています。また、政府は、10月に、ラカイン州で病院を建設する計画があります。インドネシア政府は、ミャンマーの紛争の被害者に最善の援助を提供するだけでなく、難民の避難所を提供しています。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990