23September2017

Home ニュース テロリズムの脅威に直面し、政府はパニックしないよう要求した

テロリズムの脅威に直面し、政府はパニックしないよう要求した

テロリズム専門家Al-Haidar氏は、政府はテロの脅威に直面してパニックに陥る必要はないと述べました。テロリズムに直面することに、政府は既存の法的手段を用いる、刑法などができ、テロリズム犯罪と戦うについて2003年15号の法律の改正はまだ完成しませんからです。これは、2017年8月30日水曜日にAl-Haidar氏が語りました。彼は、テロリズム法案の議論をまだ完了していないことは、国会委員会はより良い貨物のために注意を払うからです。さらに、国会委員会で議論されるべき法案は多いので、テロリズムが成立するまで待たなければなりません。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990