23September2017

Home ニュース テロの脅威に直面し、政府は、パニックにならないために尋ね

テロの脅威に直面し、政府は、パニックにならないために尋ね

テロリズムの専門家アル・ハイダー氏は、政府がテロの脅威に直面して、パニックにはならないと述べました。テロに直面して、政府は、2003年のテロ犯罪撲滅法の改正が完了していないため、刑法の規範などの既存の法的手段を使用することができます。これは、2017年8月30日(水曜日)に、インドネシアラジオ放送局とインタビューで、アル・ハイダー氏が語ったものです。彼は、テロリズムに関する法案の議論をまだ完了していないことを理解します。また、多くの法案は、テロリズム法案の批准を待っているのは辛抱強くなければならないように、国会で議論されなければなりません。しかし、アル・ハイダー氏は、テロリズム法の改正は非常に重要で緊急です。なぜなら、議論は、長い間続いているからだと主張しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990