21November2017

Home ニュース 国家人権委員会:偽装法は、情報の権利を侵害

国家人権委員会:偽装法は、情報の権利を侵害

国家人権委員会コミッショナーManeger Nasution氏は、ソーシャルメディアなどのメディアで、サラセンのような偽のニュースやデマのシンジケートの行為は、市民の憲法上の権利、特に公衆が正しい情報を入手する権利に違反すると主張しました。行為は、犯罪に加えて、人権侵害です。これは、2017年8月29日(火曜日)に、全国ラジオ通信社の公式のリリースで、Maneger Nasution氏が語ったものです。彼によると、国家人権委員会は、政府、特に警察に対して専門適に、独立、徹底的(てっていてき)に調査することを推奨しているということです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990