24September2017

Home ニュース 大統領は、サラセンが恐ろしく、完了しなければならないと言う

大統領は、サラセンが恐ろしく、完了しなければならないと言う

ジョコウィドド大統領は、恐ろしいグループとして仮想世界で虚偽(きょぎ)の情報を広めるサラセングループを考えています。大統領は、グループの存在を裏付ける人々まで徹底的に調査するよう警察を命じました。これは、日曜日の午後に、ジャカルタのモナス交差地帯でインフラ整備の写真展に出席した後、ジョコウィドド大統領が語ったものです。大統領によると、虚偽の情報の普及は、インドネシアではなく、世界中の多くの国で起こる現象だということです。大統領は、個別に使用されるソーシャルメディアは、社会の分裂を引き起こす可能性があり、また、サラセンのような構成されるグループでの使用は、インドネシア共和国の統一国家を危険にさらす恐れがあると語りました。

インサート :ソーシャルメディアの解放性なので、すべての国は、この経験します。ソーシャルメディアの使用は、個人です。個人は、情報が、真実ではない、嘘、中傷、組織される場合、非常に有害します。それが残っているなら、それはひどく、さらに数千または数十万にアカウントを持っています。情報は、肯定的なものを伝え、楽観を表明し、構築し、良いものを行い、礼儀を維持するために人々をを誘う場合、何百万のアカウントは、それは大丈夫です。しかし、すでに分裂し、中傷を説き、他人を非難する場合、インドネシアの共和国の統一国家ために危険です。私は、徹底的に調査するよう警察署長に命じました。サラセンだけでなく、誰がメッセージを伝えますか? 誰が、支払いますか? 徹底的に調査する必要があります。

警察は、最近、憎悪伝播者とホークスのグループを明らかにしました。このグループは、サラセンと呼び、注文に基づいて部族、宗教、人種、グループ間の憎しみ意見内容をアップロードしています。警察によると、サラセングループは、経済的理由だけで内容を広めました。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990