24September2017

Home ニュース インドネシアにとって、移民労働者委員会との対話は、非常に重要

インドネシアにとって、移民労働者委員会との対話は、非常に重要

インドネシアは、2017年9月5〜6日に、移住労働者の権利保護条約の実施に関する国連移民労働者委員会との対話に出席するため、スイスのジュネーブに代表団を送ります。外務省の多国間協力総局人権と人道のディレクターDicky Komar氏は、インドネシアの準備を伝えます。その一つは、「国連移民労働者委員会とのインドネシア政府対話の準備」をテーマにして、国家調整会議で、労働省、インドネシア移住労働者保護庁、20人の移住労働者派遣地区、移民ケア、およびインドネシア大学の学者が出席されます。ンドネシアにとって、委員会と会談は、7万人に達するインドネシアの外国人移民労働者を含む、移住労働者の保護の改善と改善のために、非常に重要です。一方、海外のインドネシアの出稼ぎ労働者の数は、650万人と推定されています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990