24September2017

Home ニュース 保護を最大化するため、外務省はシリアでの17人のインドネシア国民を監視し続ける

保護を最大化するため、外務省はシリアでの17人のインドネシア国民を監視し続ける

インドネシア共和国外務省は2017年7月の半ば以来、シリアのRaqqaから脱出した17人のインドネシア国民の場所を知っています。彼らは、シリアのAin IssaとKobaneにいます。彼らは、12人の女性と子供と5人の男性です。外務省のインドネシア国民の保護とインドネシア堀津扶助局のLalu Muhammad Iqbal局長は、月曜日に外務省は、2015年8月に家族が受けた報告からその17人のインドネシア国民の個人情報を知りました。彼は、外務省は彼らと各場所の管理人と通信することができることに努力していると強調しました。彼は、人道的な努力に加えて、この17人のインドネシア国民にリスク管理プロセスを実施すると述べました。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990