17December2017

Home ニュース ASEANの50周、多くの進歩を達成され

ASEANの50周、多くの進歩を達成され

外務省は、2017年7月13日から14日までASEANの集中と団結をテーマにして、ASEANの50周年シンポジウムを開催します。この活動では、特別に、政治と安全保障、経済、社会文化のASEANの三本柱に基づいた現在の問題を議論します。シンポジウムは、政府、企業、学界からの様々な利害関係者が関与することにより、将来のASEANの進捗状況や成果についてアイデアや意見を交換する手段になることを期待されています。A.M. Fachir副外相は、シンポジウムの開会の後、このシンポジウムは、ASEANの50周年を祝う一つの形態だと説明しました。ASEANの50年の間、多くの進歩が、様々な分野で達成されました。

インサート :

これまでの50年間成功は、安全保障安定性、経済発展に加えて、すべての利害関係者間のより近くの相互作用の観点から見ることができます。これは、特に、最初から、我々が対話、コンセンサスによる連帯、包括性を促進してきたことによるものです。

この活動には、10のASEAN加盟国のリソースパーソン、研究機関の専門家、ASEAN事務局、防衛大学が出席します。今後の活動の成果は、冊子に編集され、2017年8月には、2017年8月にフィリピンのマニラでASEANの50周年を記念して行われるASEANの閣僚会議に伝達されます。

ジョコウィドド大統領は、3つの州を、首都として検討すると述べる

ジョコウィドド大統領は、3つの州を、ジャカルタに代わる首都として検討していると述べました。これは、木曜日に東カリマンタン州のバリクパパン市で、開発、促進、アクセス協力改革の国家戦略プログラムの土地の権利の証明書の委譲の際に、ジョコウィドド大統領が語ったものです。ジョコウィドド大統領は、3つの州が、国家開発計画庁(バペナス)の調査に含まれているが、今の場所の名前を言うことはないと語りました。大統領は、首都移転について確実なことは、災害、経済、およびインフラストラクチャ,費用の観点を含めて、詳細に計算されると主張しました。しかし、大統領は、多くの国は現在、政府と商業の中心地を分離させていると認識しています。したがって、インドネシアは、この問題野検討を開始しました。

LIPIは、外国人労働者検査官の数を増やすように政府に求め

インドネシアにおける外国人労働者は、主に海外からの開発プロジェクトを通じて流入した不法外国人労働者が、多くの注目を集めています。外国人労働者は、現地従業員の雇用機会を閉じるので、不利益と考えられています。これは、木曜日にジャカルタで、LIPIでの不法外国人労働者のディアブリーフィングのイベント後、LIPIの人口研究センターのDevi Asiati研究員が語ったものです。Devi Asiati研究員によると、中国の投資プロジェクトでの外国人労働者の使用率の高さなど、インドネシアにおける外国人労働者の多くの問題が多く起きているということです。最近の2年間で、2015年は873人、2016年は4236人などの、中国からの外国人労働者の増加があります。また、Devi Asiati研究員は、中国からの不法外国人労働者の数は、不明であるものの、西ジャワ、東ジャワ、中央カリマンタン、南東スラウェシ州、その他の多くの公文書がない外国人労働者が見られること中国の不法外国人労働者の存在が、様々な分野に拡がっていることを示すると説明しました。Devi Asiati研究員は、不法外国人労働者の存在が、より適正するように、インドネシア政府に検査官の数を増やすように求めています。

副大統領は、IMFの副専務理事の訪問を受ける

ユスフカラ副大統領は、木曜日にジャカルタで、IMF副専務理事古澤光弘氏の訪問を受けました。古澤氏は、世界経済、インドネシアの経済だけでなく、インドネシアとIMFとの協力関係を議論すると語りました。彼は、インドネシアの経済成長はかなり良くさらに、規制緩和や官僚改革で、その後5.2%成長の目標を達成することは可能だと述べました。政府は、経済成長は、2017年の国家補正予算で5.2%の達成と提案しました。この数は、2017年の国家予算の最初の仮定5,1%のよりも高いです。一方、ユスフカラ副大統領は、会談で、IMFからの借金や融資の提供については言及しなかったと説明しました。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990