22August2017

Home ニュース タンパク質の重要性を想起して、保険大臣は、魚の消費量を高めるために人々を奨励

タンパク質の重要性を想起して、保険大臣は、魚の消費量を高めるために人々を奨励

インドネシアの献血者の数が少ないことが、政府の関心を集めています。Nila Moeloek保険大臣は、火曜日にジャカルタで、献血者の数が少ないのは、毎日の食事中のタンパク質の低摂取に起因すると語りました。Nila Moeloek保険大臣によると、タンパク質の不足は、人々が魚の消費量を増やすことによって克服することができるということです。Nila Moeloek保険大臣は、インドネシアは、魚がたくさんとれる海洋国です。インドネシアでの献血者の数を増やすために、タンパク質の消費量を増加させるためにこのことが活用されなければなりません。

インサート :  我々は、タンパク質が、肉だけでなく、魚にもあることに取り組んでいます。私たちの国の70%が、海洋で構成されています。我々は、海から多くのタンパク質をとることができ、淡水の魚からもとることができることを、感謝しなければなりません。

以前よりSusi Pudjiastuti海洋水産大臣は、人々の魚の消費の重要性のキャンペーンを行っています。彼女はまた、魚を摂取しない場合、漁師の船を沈めると脅します。Susi Pudjiastuti大臣は、2016年のインドネシアの魚の消費量は、一人当たり36キロで、前年度に比べ、一人当たり43キロまで増加していると述べました。Susi Pudjiastuti大臣によると、国内の魚の消費は、より豊富になるということです。

在カイロインドネシア大使館は、2017年にインドネシアエキスポを開催

様々な分野で、インドネシアとエジプト間の協力関係は、向上させることができます。スエズ運河経由で、アジア、アフリカ、ヨーロッパの大陸間のリンクとして、戦略的な地理的位置であるエジプトの可能性を検討しています。したがって、在カイロインドネシア大使館は、貿易、観光、投資の部門の総合展示である、2017年インドネシアエキスポを開催します。在カイロインドネシア大使館の情報、社会、文化の最初の秘書Ninik Rahayuは、月曜日インドネシアラジオ放送局RRIに、この活動は、2017年9月21日から23日までカイロで開催されると語りました。展示会は、インドネシアの経済外交を強化するための具体的なステップであることが期待されていました。また、Ninik Rahayuは、観光や観光部門のために、在カイロインドネシア大使館は、インドネシアとエジプトの旅行代理店を、この展示会に参加するために招待したと説明しました。これまで、バリは、エジプトの観光客を含む、外国人観光客の好きな目的地です。したがって、在カイロインドネシア大使館は、バリ以外のインドネシアの観光地をエジプト観光客に紹介しようとしています。Ninik Rahayuによると、2014年に、約1万人のエジプトの観光客が、インドネシアを訪問したということです。この数は、2016年の終わりに約13000人に増加しました。

文化的要因は、インドネシアに観光客の到着を支配

観光省の多文化共生のための大臣の特別スタッフHari Oentoro Drajat氏は、火曜日にジャカルタで、現在、植民地時代の外国人の関心と比較して、インドネシアに来る外国人観光客の関心の変化があると語りました。彼によると、変化は、インドネシアが世界に提供される高文化の可能性を奨励されるということです。そのため、観光は、インドネシアに来る外国人の高い関心に貢献する最大の要因です。観光省のデータに基づいて、インドネシアの最大の観光事業職務は、文化、自然資源、インドネシアの社会の文化的な芸術作品に頼っています。文化的可能性は、現在、文化的、歴史的遺産の観光、宗教観光、ショッピング、料理だけでなく、町や村のツアーが開発されています。また、自然の可能性は、海洋観光、生態系、冒険が開発されました。社会の作品の芸術と文化観光は、フォーラム、国際展示会、スポーツ、統合された観光地の開催を通じてMICE観光によって開発されます。

Luhut大臣は、第2段階の大量高速輸送(MRT)の多くの当事者を求め

Luhut Binsar Pandjaitan海上調整大臣は、火曜日にジャカルタで、中国を含む、南北路線の第2段階の大量高速輸送(MRT)プロジェクト多くの当事者を求めます。しかし、Luhut大臣は、第2段階のMRTプロジェクトの資金調達のスキーマに関連して、中国の提供を受けることはないとあきらかにしました。Luhut大臣によると、インドネシア政府は、ジャカルタ特別州の周辺の大量輸送プロジェクトの資金調達のための様々な外国の入札を受け取ることができるということです。インドネシアホテルからKampung Bandanへの南北路線の第2段階のMRTの建設は、2018年10月に開始することを目標としています。ジャカルタのMRT社William Sabandar社長は、先週7月5日にジャカルタの海上調整省での調整会議後、現在、南北路線の第2フェーズのMRTの建設のプロセスを加速するために取り組んでいると述べました。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990