17December2017

Home ニュース インドネシアとイランは、2017年に終わりに、貿易交渉を完了することを合意

インドネシアとイランは、2017年に終わりに、貿易交渉を完了することを合意

インドネシアとイランは、2017年の終わりに特恵貿易協定の貿易交渉(II-PTA)を完了することに合意しました。合意は、両国の輸出市場を拡大し、多様化することを目的としています。特恵貿易協定のMade Ayu Marthini会長は、月曜日プレスリリースで、インドネシアとイランの優れた製品の市場アクセスのオープニングは、年間20億ドルに、二国間貿易の合計値を増加すると予想されると語りました。インドネシアとイランは、7月9日(日曜日)にイランのテヘランで交渉を開催しました。交渉は、2015年に停止されていた第三ラウンドです。交渉で、両国は、交渉のテキストのドラフト、モダリティ、各国への入学のために優先されるすべての製品を容易にするために要求を議論しました。議論はまた、共通の基盤に到達し、協力を実現する努力を含んでいます。

ボゴール農業大学IPBは、森林火災対処のデータセンターを設立する

ボゴール農業大学IPBは、森林火災を対処する上で、正確な情報やデータを提供するために、東南アジアの森林火災対処のデータセンターを設立しました。独立した機関会長の、ボゴール農業大学林業学部Bambang Hero Saharjo教授は、月曜日にジャカルタで、東南アジアの森林火災対処のデータセンターは、東南アジア森林火災に対処する目的で活用される正確な研究結果に基づいて、データや情報を提供するために設立されたと語りました。Bambang 教授は、2016年のインドネシアの森林火災の件数は、2017年に比べて減少したと述べました。例数(れいすう)の減少から、将来は、対処と予防の取り組みのために行うことができるように、森林火災の減少を引き起こす要因を調査することができます。東南アジアの森林火災対処のデータセンターの存在で、Bambang 教授は、実際に、政府や関連企業から受け取る公開情報が錯綜したときに、森林火災の場合で何が起こったかの科学的証拠になると述べました。

ハサヌディン大学は、3カ国の大学会議を主催

ハサヌディン大学は、2017年7月10日から12日まで南スラウェシ州のマカッサルTamalanreaのハサヌディン大学のキャンパスで、インドネシア、オーストラリア、東ティモールなどの3カ国の第4回三極大学円卓会議を開催しました。ハサヌディン大学の広報とプロトコルIshaq Rahman局長は、火曜日にマカッサルで、この会議は、オーストラリア(ノーザンテリトリーの地域)、インドネシア(インドネシア東部)および東ティモールの大学間の協力を促進するために開催された対話フォーラムと年次総会だと語りました。当初、2013年に、3カ国からの各国の首脳といくつかの大学の指導者によって開始されました。毎年、会議は、コラボレーションと協力の枠組みの中で各大学の卓越性の中心を強化するために開催されています。会議は、オーストラリア、インドネシア、東ティモールの大学から30人以上の参加者が出席しました。今年の会議はまた、より堅牢(けんろう)なコンソーシアムへの対話フォーラムから、協力のレベルを高めるために考案されました。

1.700人の中国人観光客は、バタム島を訪問

約1.700人の中国人観光客が、徐々に2017年7月13日から9月までリアウ諸島バタムを訪問する予定です。これは、月曜日にバタムで、バタム市の文化観光Pebrialin局長が語ったものです。彼は、中国の観光客は、すでに旅行代理店を通じてバタム島のバケーションパッケージを予約したと語りました。彼によると、バケーションパッケージは、中国の観光客が、3カ国を観光する方が、より魅力だと考えているので、バタムだけでなく、シンガポールとマレーシアも観光します。バタムの街で、中国の観光客は、Lubukbajaのウィンザーの神殿(しんでん)をめぐる旅をします。その後、午後に、一晩滞在し、マレーシアのクアラルンプール、マラッカに引き続き、シンガポールへ案内され、次の日はバタムの街へ戻りいくつかの修道院を訪問します。Pebrialin局長は、中国の観光客は、すでに、特別チャーター便、ライオン・エアを使用して航空輸送予約したと述べました。バタム島への中国観光客の可能性は、バタム-中国の直行便が存在しないため、まだサポートを必要とします。彼は、将来的に、バタム-中国直行便の定期運行を期待しています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990