21July2017

Home ニュース インドネシアとトルコは、包括的経済連携協定を開始

インドネシアとトルコは、包括的経済連携協定を開始

インドネシア政府とトルコ政府は、包括的経済連携協定の交渉を開始することに合意しました。ジョコウィドド大統領は、木曜日にアンカラで、トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領との共同プレス声明で、それは、包括的経済連携協定の交渉を通じて、貿易や投資の肯定的な傾向を復元する協力をすることで合意したと語りました。協定の交渉の開始は、アンカラの郊外にあるホワイトパレスと呼ばれるトルコの大統領宮殿、ベヤズサライで行われました。ジョコウィドド大統領は、この機会に、両国は、両国間の貿易障壁を減らすか、または終了することに合意したと述べました。ジョコウィドド大統領によると、インドネシアはまた、特に海事、インフラ、エネルギーの分野で、トルコの投資を押し進めるということです。

12人のエジプトの学生がインドネシアに留学

12人のエジプトの学生が、一年間、インドネシアに留学します。彼らは、インドネシアと外交関係を持っている外国人学生に対しインドネシア政府が提供する奨学金プログラムの奨学金の受給者です。12人の学生は、在カイロインドネシア大使館の教育アタッシェが行った一連の選抜を通過しました。学生たちは、マランやジョクジャカルタなどのインドネシアの大学数で学びます。これは、カイロでインドネシア放送局RRIに、在カイロインドネシア大使館の教育アタッシェ、Usman Syihab氏が語ったものです。Usman Syihab氏によると、オンライン登録後、受験者は、ジャカルタの教育文化省によって設定された評価要素により、選ばれたということです。2017年に、エジプトの学生は、前年よりも多くの留学金を授業します。Usman Syihab氏は、学生たちは、2017年8月末にジャカルタに到着すると語りました。。彼らは、インドネシアの言語と文化だけでなく、彼らが学ぶキャンパスおよび地域でもの学ぶことが期待されています。また、Usman Syihab氏は、学生たちが、この奨学金プログラムに参加した海外とインドネシアからの友人と知り合いにすることを期待してます。

インドネシアは北朝鮮のミサイル実験に憤ります。

インドネシア政府は、2017年7月4日に、北朝鮮が行ったミサイル発射のテストを憤ります。水曜日のジャカルタでの外務省の声明で、インドネシア政府は、北朝鮮によるミサイル発射が、地域と世界の平和と安定を作る精神に沿っていない評価しました。インドネシア政府は、ミサイル実験が、国連安全保障理事会決議特に、2270 (2016),、2321 (2016) 、2356 (2017)の北朝鮮の義務に反すると再強調しました。そのため、インドネシアは、国連安全保障理事会の決議の実施を含む、国際的義務を満たすことを北朝鮮に強くせまります。また、インドネシア政府は、地域の緊張を避けるために、自己制御をすべての当事者に要請します。インドネシアはまた、朝鮮半島の安定性は、非常に重要だと主張しました。インドネシアは、朝鮮半島の平和と安定に貢献するように、すべての国に呼びかけます。

運輸大臣は、ジャカルタ、スラバヤの高速鉄道が、2020年に建設されることを目標にします

Budi Karya Sumadi運輸大臣は、ジャカルタ - スラバヤの高速鉄道のプロジェクトが、2020年に建設されることを目標にします。時速160キロの高速鉄道のプロジェクトは、設計を完了しています。Budi Karya 運輸大臣は、水曜日にジャカルタの議会複合施設で、現在、政府は、ジャカルタ、スラバヤ高速鉄道の資金調達を検討していると説明しました。個の中には、ビジネスまたは長期にわたる借入金という2つの見解があります。Budi Karya 運輸大臣はまた、ジャカルタ、スラバヤ高速鉄道のプロジェクトは、すでにある鉄道レール踏み切りを使って行われると述べました。その結果、建設は、迅速に終了します。

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990