18October2017

Home ニュース インドネシアは、アルゼンチンで国際中小企業の日を祝う

インドネシアは、アルゼンチンで国際中小企業の日を祝う

今年、中小企業は、初めて、国際記念日を祝いました。6月27日の国際中小企業の記念日は、中小企業の会議のための国際評議会ICSBのホストとして、アルゼンチンのブエノスアイレスで祝われました。インドネシアのICSB のHermawan Kartajaya議長は、アルゼンチンは、2017年6月27日を初めての国際中小企業の日としました。6月27日の国際の記念日は、国連の国家機関によって宣言されました。Hermawan Kartajaya議長は、水曜日に声明で、記念日の催し木曜日から開催されると語りました。彼はまた、昨年、国連本部で、Triansyah Djani 大使を伴うAnak Agung Gede Ngurah Puspayoga協同組合中小企業大臣率いるインドネシア代表団は、率先して国際中小企業の日を決定した8カ国の一つだと述べました。

オバマ氏は、プランバナン寺院は、非常に美しいと言う

ジョクジャカルタの文化遺産保存研究所は、バラックオバマ米国元大統領は、木曜日の朝に、ブランバナン寺院の建物全てに訪問しました。ジョクジャカルタのBPCBの保護、開発と利用Wahyu Astuti局長は、木曜日に、オバマ氏は、ブラフマー寺院、ヴィシュヌ寺院、シヴァ寺院など全ての寺院に訪問すると語りました。また、オバマ氏は、ナンディ寺院や改築されたPerwara寺院(コンパニオン)を見学しました。Perwara寺院で、オバマ氏はまた、寺院の構造が復元されているのを詳細に観察しました。オバマ氏は、プランバナン寺院を訪問した誰でも、寺院の建物全体に入ることを喜び、この寺院を非常に高く評価していると述べました。

ビトゥンの輸出と輸入を許可

商業省は、北スラウェシ州のビトゥンのコンテナ港からのすべての種類の商品の輸出と輸入を許可します。ビジネスマンは、商品輸送のコストと時間を節約することができるので、政策を歓迎しています。政策はまた、インドネシアの北部地域で、インドネシアのゲートウェイとしてビトゥン港の存在を確認しました。北スラウェシ産業貿易省の外国貿易Darwis Muksin 局長は、水曜日に、マナドで、政策は、ビトゥン港の存在を最大化することができるように、雇用や地域に伝達されると語りました。また、新しい政策は、アジア太平諸国への事業拡大のため、全国の雇用者に有益です。

Kotamobaguは、コーヒー農園を観光地とすることを目標

Kotamobagu市政府は、この地域のコーヒー農園が北スラウェシ州の観光地の一つとなることを目標とします。ステップでは、将来の経済成長を支える実現のための準備ができています。KotamobaguのTatong Bara市長は、水曜日に、マナドで、現在、中央政府と地方政府に予算を提案したと語りました。Tatong Bara市長はまた、道路アクセスが良くなるように、コーヒー農園のインフラ開発を準備すると述べました。道路アクセスが、良好であれば、国内外の観光客は、簡単に地域を訪問することができます。コーヒー農園の開発は行われ、数千本の苗が、コーヒー生産を増加させるように、播種されます。彼によると、既存のコーヒーの木は、高品質のコーヒー豆で生産性が良好なため、保持されます。また、Kotamobaguコーヒーの需要は、中国、ウクライナ、オランダなどの国際市場にまでなっています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990