21July2017

Home ニュース インドネシアは、エジプトに入る、インドネシアの商品の輸入関税を下げることを要求

インドネシアは、エジプトに入る、インドネシアの商品の輸入関税を下げることを要求

インドネシアは、エジプトに優れた商品を販売しています。残念ながら、エジプトへのインドネシアの商品に対する輸入関税は、比較的高いです。、これは、火曜日の夜、カイロで、RRIに在エジプトインドネシア大使Helmy Fauzyが語ったものです。Helmy Fauzy大使によると、最近のエジプト貿易大臣との会談で、インドネシア大使館は、エジプトとの自由貿易協定を模索する計画だということです。しかし、それは、特恵貿易協定の段階を経て進める必要があります。Helmy Fauzy大使によると、また、エジプトに入るインドネシアの商品の輸入関税の削減を、求めたということです。Helmy Fauzy大使はまた、エジプトで、インドネシアの輸入商品に適用される関税は、20〜60%だと述べました。Helmy Fauzy大使によると、在エジプトインドネシア大使館は、既存商品の他に、最近、エジプトでプルタミナのマーケティング評価が行われたように、インドネシアの商品を追加する可能性を探求する努力を続けるということです。

観光大臣は、バニュワンギのBarong Ider伝統を促進

Arief Yahya観光大臣は、観光地としての可能性のある、バニュワンギ地区のGlagah区Kemiren村のBarong Ider伝統を促進しています。Arief Yahya観光大臣は、水曜日にジャカルタで、ユニークで伝統的な儀式は、Syawal 2日もしくは、Idul Fitri祭日の二日目に行われると語りました。Arief Yahya観光大臣は、バニュワンギのKemiren観光村でBarong Iderパレードを見物し、無限の忠誠のシンボルとして鳩を放ちます。Arief Yahya観光大臣はまた、馬に乗ってバロンパレードに参加する前に、繁栄と幸福のしるしとしてコインを投げます。バニュワンギの観光局MY Bramuda局長は、Barong Iderは、バニュワンギにのみ存在する伝統と独特の伝統的な儀式だと語りました。地元の住民は、Ider Bumiのパレードは、すべての悪(あく)からKemiren村を守ることができると考えています。彼によると、毎年、イベントは、人々から注目を浴び、また、Kemiren観光村を訪問したローカルおよび外国人観光客の関心を高めることが期待されています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990