17October2017

Home ニュース トランプ大統領は、G20でジョコ・ウィドド大統領との会談を予定

トランプ大統領は、G20でジョコ・ウィドド大統領との会談を予定

Retno  Marsudi外相は、米国ドナルド・トランプ大統領は、7月7日から8日までドイツのハンブルクでG20会議の傍観で、ジョコ・ウィドド大統領との二国間会議を行う予定です。Retno Marsudiは、水曜日にジャカルタで、インドネシア外相と、米国レックス・ティラーソン外相は、インドネシア時間火曜日の夜に、電話による、G20を議論すると説明しました。レックス・ティラーソン外相は、ドナルド・トランプ大統領の願望は、5月末のリヤドで、イスラム諸国と米国のサミットのとき、ジョコ・ウィドド大統領による演説の内容に対する賞賛に基づいていると説明しました。Retno Marsudi外相は、会談で、インドネシアは、米国と、悪化しない対話となるように、カタールと湾岸諸国の危機に貢献することを促すと語りました。Retno Marsudi外相によると、米国はまた、6月22日(木曜日)に、急進のテロの問題を議論するために、インドネシア、マレーシア、フィリピンの三国間会議を開始したインドネシアへ感謝を表明しました。これは、地域におけるインドネシアのコミットメントを反映しています。インドネシアは、この情報とテロ対策へのコミットメントを更新し続けることを約束します。

インドネシア商工会議所(KADIN):ジャカルタ市の記念日で投資家に対し二つの希望

ジャカルタの商工会議所のSarman Simanjorang副会長は、ジャカルタ特別州の490周年記念で、投資家は、簡単に首都での事業を拡大することができると期待しました。彼はまた、ライセンスのレジスタに長時間キューイングせず、デジタルシステムを介してアクセスすることができるなど、ジャカルタでの投資ライセンスを容易することができると期待しました。これは、木曜日にジャカルタのインドネシアラジオ放送局に、Sarman Simanjorang副会長が語ったものです。また、二番目に、労働問題が投資家にとって問題となっています。投資家は、労働者が、簡単に労働問題を起こさないことを願っています。彼によると、政府は、雇用者と労働者の対話を優先すべきだということです。

 

 

 

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990