17December2017

Home ニュース インドネシアは、カタール紛争での平和のファシリテーター世話役になることができます

インドネシアは、カタール紛争での平和のファシリテーター世話役になることができます

カタールの紛争や中東の外交の危機に対処して、インドネシアは危険では、中東の政治的緊張をさらに混乱させない戦略的なステップを行う必要があります。インドネシア科学研究所の政治研究センターNostalgiawan Wahyudhi氏は、インドネシア政府は、あまりにも白黒のはっきりとした区別がある外交政治の姿勢を取るべきではないと説明しました。彼によると、政府は、1つの派閥に見方するべきではありませんが、周辺諸国とカタールの間で切断された外交関係を強化するための努力を奨励するということです。2017年6月20日(月曜日)の記者会見で、彼は、インドネシア政府は、仲介者ではなく、平和のファミリテーターになることができると語りました。ジョコ・ウィドドの治世には、中東と外交の関係が、より広い開かれます。

在カイロインドネシア大使館は、エジプトから文化賞を受賞

在カイロインドネシア大使館を代表としてインドネシア政府は、エジプト文化省から文化賞を受賞しました。この賞は、在エジプトインドネシア大使Helmy Fauzyへエジプト文化省の外国文化関係ディレクターAyman Abdel Hadyによって提示されました。賞は、エジプトの様々な文化公演でインドネシアの積極的な参加に感謝の形として与えられました。Helmy Fauzy大使は、これは、70年間の両国の友好の関係の証拠です。インドネシアは、ブリッジング文化、感動創造性、およびコミュニティのサービングをテーマにしたイベントで賞を受け取た、東南アジアの唯一の国です。

工業省は、ジャカルタの優れた中小企業の製品の展示会を開催

工業省は、2017年6月19日から23日まで、ジャカルタで、ジャカルタ特別州政府の指導の下に優れた中小企業の製品の展示会を開催しています。工業省の中小企業Gati Wibawaningsih局長は、月曜日に、ジャカルタで演説で、中小企業の展示会は、より広いコミュニティに彼らが作る製品を紹介するプロモーションイベントにすることができると語りました。Gati Wibawaningsih局長によると、継続的に中小企業製品を導入することにより、中小企業のビジネスは、より多くの新しい労働者を獲得し、拡大し、増加することができるということです。

国会は、国家食品庁を設立を政府に促す

国会第4委員会Daniel Johan副議長は、火曜日にジャカルタで、全国の食料価格を安定させるための長期的な対策として、食品に関する2012年18号の法律任務に従い、国家食品庁(BPN)を設置することを政府に促しました。彼は、ジョコウィドド大統領の政権は、食料価格が上昇すれば、高すぎないように、うまく実行されている食品タスクフォースを形成したと語りました。彼によると、長期のためには、国家食品庁を確立する必要があり、それは、一つの機関を通じて制度化され調整された、食料価格を安定させる対策であるということです。このPKBの政治家によると、物流庁は、利益を追求する国有企業にはできません。しかし、2つの最も重要なことを確認するために、国家食品庁として、法律の委任に基づいて機能しなければならないということです。Daniel Johan副議長によると、二つのこととは、大祭と新年までの価格の安定性や農民のための良好な保証があるように、物価の安定を確保するということです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990