17December2017

Home ニュース 中国は、クアラタンジュンの工業地帯の開発に興味を示す

中国は、クアラタンジュンの工業地帯の開発に興味を示す

中国コミュニケーションズ・コンストラクションズ社(CCCC)は、北スマトラ州のクアラタンジュンの工業地帯の開発に関心を表明しています。これは、インドネシアの代表団が、中国での中国インドネシア協力フォーラムで、CCCCと会談したとき、工業省の安全保障と国際産業アクセス開発産業担当のHarjanto局長が語ったものです。Harjanto局長は、日曜日に、ジャカルタでのプレスリリースで、CCCCのビジネスユニットの一つである中国ハーバーは、特にクアラタンジュンの工業地帯の開発と港湾セクターでの協力に関心を表明していると語りました。Harjanto局長によると、CCCCは、インドネシアが、発電所、橋、鉄道などのインフラプロジェクトの開発で、彼らの潜在的な戦略的パートナーであることを認識しています。CCCCは、ジャワ以外の工業地域開発での協力に参加し、インドネシアで製造業に投資するビジネスユニットを誘致できることを期待しています。

3国の国防大臣が、タラカンに到着

3国の国防大臣は、インドネシア、マレーシア、フィリピンの三国海上パトロールの発足に参加するために、厳しい警戒の中、それぞれの国の航空機を使用して、北カリマンタン州のタラカン市に到着しました。Ryamizard Ryacuduインドネシア国防大臣、Datuk Seri Hismammudin Husseinマレーシア国防大臣、Delfin Lorenzanaフィリピン国防大臣の3人の国防大臣は、Gatot Nurmantyoインドネシア国軍司令官、Raja Mohamed Affandiマレーシア国軍司令官、Eduardo Anoフィリピン国軍司令官を伴いました。タラカン市の第13海軍主基地の情報局長アリ大尉は、日曜日に、ソーシャルネットワークで、それぞれの国の3人の国防大臣と3人の司令官の会談は、月曜日にタラカン市で、インドネシア、マレーシア、フィリピンの三国海上パトロールの発足の枠組みの中で行われたと語りました。また、5隻の軍艦が現在、タラカン市の海域を警戒しています。

海洋水産省(KKP)は、漁師のために数千隻の船を手配

海洋水産省は、インドネシアの漁師のために、1086隻の船の配布を目標にしています。この援助は、インドネシアの漁師の漁獲を高めるためのスージー・プジアストゥティ海洋水産大臣の政策です。海洋水産省の水産局長Sjarif Widjajaは、日曜日にジャカルタで、後に、船は、漁場の条件に適合されると語りました。それは、受け入れる前に、漁師が、船をテストすることを意味しています。適合した場合、船は、漁師に引き渡されます。

政府は、2017年に60の吊り橋を構築

政府は、今年、利点が人々に直接感じられると考えているので、60の小規模の吊(つ)り橋(ばし)を構築します。これは、土曜日に、中部ジャワ州のTemanggung地区Bulu区にあるKali Galehの吊り橋を承認した後、ジョコウィドド大統領が語ったものです。ジョコウィドド大統領によると、これは、国のインフラを構築する上で、分け隔てしない政府の決意を示しているということです。ジョコウィドド大統領は、吊り橋は、インフラの面では小規模に見えますが、それは、人、物、及び商品の移動を容易にするため、コストと時間の効率が上がり、実質的な利益を提供すると語りました。インドネシアの地形は、吊り橋が適しているため、政府はより多くの吊り橋を構築する予定です。2015年以来、政府は、バンテン州の10の吊り橋、マゲランの4の吊り橋の構築を開始しました。しかし、最も多く吊り橋を必要とする地域は、パプアとスラウェシです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990