21July2017

Home ニュース 大統領は、プサントレン・ダルサラームで兄弟愛のメッセージを伝え

大統領は、プサントレン・ダルサラームで兄弟愛のメッセージを伝え

ジョコウィドド大統領は、中部ジャワ州のBanyumas地区Purwokerto区にあるDukuhwaluhで、兄弟愛のメッセージを伝えました。この機会に、大統領はまた、インドネシアは、17000の島々をもつ大きな国であり、他の国は、インドネシアのように多くの島を持っていないと述べました。インドネシアはまた、516の地区と市、サバンからメラウケへとMiangas島からローテ島で34州があります。インドネシアはまた、17000の島に広がる714の部族があり、また、1100種類以上の現地語があります。そのため、大統領はすべて人々に、インドネシアが異なっていることを認識することを要求しました。その違いは、インドネシアの人々が感謝しなければならない運命の神と法律です。

インドネシア・オーストラリアは、テロとの闘いの相乗効果を強化

インドネシアとオーストラリアは、特に多国籍テロリスト(Foreign Terrorist Fighters)を見越して、テロとの闘いにおける相乗効果を強化していきます。テロとの闘いのための国家機関Suhardi Alius会長は、オーストラリアのテロ対策大使Paul Foleyとの会談後、木曜日にジャカルタで、インドネシアは、テロとの闘いに関しオーストラリアと同じ意見を持っていると語りました。Suhardi Alius会長によると、それは、アイデア、情報、およびテロ対策プログラムとその実施を交換するということです。将来、協力は、成果を最大化することができるように改善し、さらに強化されていきます。フィリピンのMarawiに移動しているISISの存在に関して、Suhardi Alius会長は、インドネシアとオーストラリアの代表団はまた、多国籍テロリストの存在に対し協力に合意すると明らかにしました。

バリの鉄道線は、中国に依頼

インドネシア政府は、中国の投資家に、バリの鉄道建設プロジェクトを依頼しています。Luhut Binsar Pandjaitan海事調整大臣は、木曜日に、北京で、バリで依頼する鉄道などのいくつかのプロジェクトがあると語りました。彼は、鉄道線は、外国人観光客の主な目的地となった島で、いくつかの地区を横切る設計を提案しました。開発の初期段階は、Buleleng地区のシンガラジャとデンパサールからギャニャール地区のウブドで開始します。Luhut Binsar Pandjaitan大臣は、鉄道ができることで、バリの国内および海外の両方の観光客が、バランスが良くなると述べました。しかし、Luhut Binsar Pandjaitan大臣は、バリのまったく新しいインフラ構築プロセスの開始を確認することはできません。来年は、世界銀行とウダヤナ大学が行ったフィージビリティ・スタディがありますので、開始できることを期待されます。

政府は、輸出のパフォーマンスが改善されると楽観的

政府は、インドネシアの輸入輸出実績は、今年の終わりまでに改善していくことを考えています。この楽観は、2017年5月の貿易黒字が、12億4千万ドルに達した2017年4月の黒字に比べ、4億7千万ドルに減少したことを踏まえています。Darmin Nasution経済調整大臣は、木曜日に、ジャカルタで、今年のインドネシアの輸出実績は、一か月で減速はあるものの、2016年よりも優れていると述べました。中央統計局(BPS)に基づいて、2017年5月の黒字の達成は、前年同期比30%増加しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990