21July2017

Home ニュース 約17人のインドネシアの市民は、Marawiから避難

約17人のインドネシアの市民は、Marawiから避難

フィリピンの治安当局と調整した在マニラインドネシア大使館とダバオのインドネシア総領事館は、フィリピン南部での紛争地域から17人のインドネシアの市民を避難させました。約11人は、Lanao del Sur 州のMarawiから20キロに位置するMarantaoから避難し、6人は、Lanao del Norte州のSultan Naga Dimaporoから避難しました。木曜日に、外務省のプレスリリースは、17人のインドネシアの市民は、最寄りの安全な北ミンダナオのLagundingan 空港からダバオ市に飛行すると発表しました。避難は、Retno LP Marsudi外相が、避難のためにフィリピン政府からのセキュリティ保証を受けた後、二つの異なるチームによって行われました。避難は、現地時間の午前7時に開始し、一日続きました。避難は、治安状況が好ましくなかったた、数日遅れました。

インドネシアとG33は、食料の主権と安全保障を呼びかける

インドネシアとG33諸国は、2017年5月31日にジュネーブで開催された世界貿易機関WTOのセミナーでの食料の主権と安全保障を呼びかけました。木曜日に、ジュネーブでのインドネシア常駐代表のプレス声明で、セミナーは、WTOの途上国メンバー47ヵ国のG33によって開催され、WTOロベルト・アゼベドの局長により開かれました。ジュネーブのインドネシアの常駐代表Hasan Kleib大使は、セミナーの目的は、小規模で貧(まず)しい発展途上国の農民の利益を保護すること、また枠組みの中で食料安全保障や農村部の暮らしや開発を実現するためのセーフティネットとしてPSHとSSMの協定の重要性についてWTOメンバーの見解を開くことであると述べました。Hasan Kleib大使はまた、インドネシア率いるG33は、それぞれの国の小規模農家への支援を提供することができ、発展途上国の権利の認識を働きかけるグループだと述べました。

ASEANと中国のイノベーションセンターをバリで設立

ASEAN・中国イノベーションセンターは、一体一路の国際協力プログラムをサポートするために、バリで設立されます。在中国インドネシア大使Soegeng Rahardjoは、金曜日に北京で、以前、シンガポールやマレーシアで計画されたが、当局はバリに設立することを要求すると説明しました。彼は、バリにその機関を設立することを主張しました、なぜなら2013年に、ジャカルタのスナヤンで国会議員の前で習 近平国家主席が行った演説の中で「1つの道路」の概念を伝えた精神にふさわしいからです。以前、習近平 国家主席は、同じ年に、カザフスタンのアスタナで「1つのベルト」の考えを伝えました。ASEANと中国は、その機関が、今年、バリに設立される事に同意します。Soegeng Rahardjo大使は、その機関は、バリはすでに非常に人気のある観光地として世界的にで知られているので、そこに設立されると主張しました。Soegeng Rahardjo大使はまた、一体一路は、地域での連携性の概念であり、それを実現するためにイノベーションの機関が必要であると述べました。東南アジア地域の最大の国の一つであることに加えて、中国にとってインドネシアは、共同で、一体一路の概念によってインフラを開発するために重要であると考えられます。

Jombangは、異なった宗教にまたがる青少年キャンプのホスト

ASEAN は、2017年に、東南アジアの10カ国の団体として50周年を記念し、インドネシアでは、様々なプログラムを開始されています。その一つは、外務省による異教徒青少年キャンプの開催の計画で、東ジャワ州のJombang で10の加盟国とASEAN諸国の対話国の代表が出席します。外務省のASEAN協力事務局の社会開発協力局Isman Pasha局長は、Jombang で、Jombangの人々の宗教的寛容性、民族的、国家的協調性の高さが2017年10月に予定されている「異教徒若者キャンプ」のホストとしてJombang地区が選ばれた理由であると述べました。一連のイベントは6月2日、金曜日にJombang地区の中心部にあるASWANの公園で加盟10か国とASWANの旗の掲揚で始まりました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990