28June2017

Home ニュース 大統領は、競争力のあるインドネシア国民を望む

大統領は、競争力のあるインドネシア国民を望む

ジョコウィドド大統領は、インドネシアの人々が、スマートインドネシアカードの配布を通じてグローバルな競争の中で、より競争力を持つことを望んでいます。これは、日曜日に、南カリマンタン州のTanah Bumbu地区Batulicin区にあるGunung Tinggi村のサッカー場で、ジョコウィドド大統領が語ったものです。プレス、メディア、および大統領の情報事務局Bey Machmudin局長は、プレスリリースで、大統領は、いくつかの場所を訪問し、Tanah Bumbu地区の人々にスマートインドネシアカード、栄養補給、期待家族プログラム、インドネシア健康カードを手渡したと語りました。様々な学校のニーズに使用して、学校を続けることができるよう、395のスマートインドネシアカードが、Tanah Bumbuと周辺地区の子どもたちに配布されました。大統領は、この訪問に、ファーストレディのイリアナジョコウィドドを伴い、必要としている世帯のための社会的保護として期待家族プログラムの配布を見届(みとど)けました。ジョコウィドド大統領は、可能な限り良好に、これらの社会扶助カードを利用することを人々に求めました。大統領はまた、最高のサービスを提供することを、職員に要請(ようせい)しました。

国連理事会は、インドネシアの人権進捗を認識

国の人権の進捗レポートを調査する国連理事会の「Universal Peroidicレビュー」のプロセスは、インドネシアの人権進捗を認識しています。土曜日に、ジュネーブのインドネシアの代表事務所からのプレスリリースは、インドネシアは、国内の人権問題に対するサポートに関連し、それを含む、国連諸国によって提出された提言を高く評価すると述べました。これは、地元時間の金曜日に、国連人権理事会で、インドネシアのUniversal Peiodicレビューの作業部会報告書の認証総会で、ジュネーブの常駐代表Hasan Kleib大使が語ったものです。Hasan Kleib大使は、国連加盟国の様々な提言は、インドネシアの人権問題の進展を認識したものであり、インドネシア政府によって実施され続けている、人権を促進し、保護するために様々な努力に対して国際社会の支援を確認するものであると考えています。Hasan Kleib大使は、例えば、インドネシア健康カード、スマートインドネシアカードや家族福祉カードのプログラムを通じての郊外の開発政策など、いくつかのインドネシアの福祉分配政策は、国際社会に関心をもたれ、高く評価されていると述べました。

ボゴール市長は、スマートシティを強化するためにカリフォルニア州を訪問

ボゴールのBima Arya Sugiarto市長は、米国のサンタクララで開催されたシリコンバレーのスマートシティウィークに出席するためにカリフォルニアを訪れています。日曜日にアンタラ通信が受け取ったボゴール市政府広報のプレスリリースを通じて、Bima Arya市長は、この訪問で重要なことの一つは、スマートシティとしてのボゴールの都市のアイデンティティを強化する教材を得ることだと語りました。Bima Arya市長はまた、カリフォルニア州のサンタクララで開催されるシリコンバレーのスマートシティウィークは、2017年5月8日から10日までだと述べました。Bima Arya市長は、南タンゲランのAirin Rachmi Diani市長、ビンジャイのHM Idaham市長などの全インドネシア都市政府協会の代表団とともに出席しました。Bima Arya市長は、スマートシティ協議会のJesse Berst会長の招待により、このイベントに出席しました。シリコンバレーは、多くの技術の発祥の地であり、スマート都市の開発で、ボゴール市の良い手本になります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990