17October2017

Home ニュース ジャーナリズム業界は、ジャーナリストの質を向上させる促し

ジャーナリズム業界は、ジャーナリストの質を向上させる促し

インドネシアのジャーナリストの品質は、現在の世界の無限情報の課題に直面するために改善されるべきです。これは、火曜日にジャカルタで、2017年の世界報道自由デーの際に、セミナーやジャーナリズムの訓練でインドネシアのテレビジャーナリスト協会のYadi Hendrian会長が語ったものです。Yadi Hendrian会長は、このことは、政府、利害関係者、およびプレス評議会に集中的に伝達され、コミットされていると語りました。

インサート :Yadi Hendrian会長

私たちは、コミット確約します。私たちはまた、キャパシテを増加し、能力を向上するために、特にテレビジャーナリスト業界が、業界に要求します。なぜなら、検証し、認定を受けた有能なジャーナリストが、非常に便利や公共のために良い影響を与える製品になるプレスの製品を作ります。

Yadi Hendrian会長によると、ジャーナリストの能力を向上させることは、ジャーナリズムプロフェッショナリズムの倫理コードのルールと一緒に行く必要があるということです。Yadi Hendrian会長はまた、地域に拠点を置くジャーナリストの能力を向上させることに更に注意を払うことをジャーナリズムの世界に従事する機関に要請しました。Yadi Hendrian会長によると、地元のジャーナリストは、展開の最前線にあるため、国のすべての部分で情報を取得するということです。

副大統領 :ベトナムとタイは、外国投資のインドネシアのライバル

ユスフカラ副大統領は、ベトナムとタイは、特に世界経済の状況では、まだ遅れているが、、東南アジアの外国投資の容易さではインドネシアのライバルだと語りました。ユスフカラ副大統領は、火曜日にジャカルタの副大統領のオフィスで、世界銀行のデータは、2016年に、インドネシアが、ビジネスのしやすさで91位にランクされていることを示した。一方、ベトナムは、82位で、タイは、46位だ説明しました。ASEAN地域では、1位は、アジア太平洋地域で最高だったシンガポールです。一方、インドネシアは、フィリピン、カンボジア、ラオス、ミャンマーよりも優れています。したがって、副大統領は、インドネシアは、インドネシアの外国投資は、簡単で、近隣諸国と競争できるように、規制緩和を奨励すると述べました。また、副大統領は、インドネシアの投資環境に影響を与えているのは、、特に中国であり、世界経済の減速を強調しました。2016年の投資調整庁(BKPM)からのデータに基づくと、中国は、26億7000ドルの資本金を持つインドネシアで第三位の外国投資家です。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990