21August2017

Home ニュース 報道の自由に加えて、ユネスコは、ジャーナリストのための安全保障の保証の重要性を強調

報道の自由に加えて、ユネスコは、ジャーナリストのための安全保障の保証の重要性を強調

 

火曜日に、ジャカルタで2017年の世界報道自由デーの二日目は、Rudiantara情報通信大臣、ユネスコの情報通信Frank La Rue副局長、在ASEANヨーロッパ連合大使Francisco Fontanの円卓会議を開催しました。会議では、東南アジアのジャーナリストのための安全保障の保証の重要性を議論します。Frank La Rue副局長は、国家は、発言のための報道の自由を保障しなければならないと語りました。5月2日(火曜日)にジャカルタで、2017年の世界報道自由デーの際に、プレスリリースで、Frank La Rue副局長は、報道自由は、情報提供の機密性を維持し、オンラインとオフラインの情報を得るためのものだと説明しました。また、国は、ジャーナリストのための安全保障の保証を与える必要があります。

インサート : Frank La Rue副局長

私たちは、報道の自由に伴い、ジャーナリストの安全性が、保証されなければならない、と考えています。この職業は、世界中、暴力特に性的暴力や脅迫(きょうはく)が発生した場合、実行することはできません。それは、ジャーナリストの安全保障が非常に重要である理由です。

Frank La Rue副局長は、ジャーナリストのセキュリティについて話したときに4つの要素があると説明しました。4つの要素は、ジャーナリストのセキュリティ関連の法的枠組み、法執行機関やジャーナリストの容量の増加、暴力のケースを解決し、地域社会と法執行機関との対話です。ユネスコは、表現の自由の分野での地域レポートを作成するジャーナリストやASEAN人権委員会のためのセキュリティの保証を改善することにコミットするASEAN諸国を奨励します。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990