17October2017

Home ニュース RetnoMarsudi外相は、5月4日ー5日に米国を訪問

RetnoMarsudi外相は、5月4日ー5日に米国を訪問

Retno Marsudi外相は、5月4日―5日に、米国のワシントンDCを訪問します。外務省スポークスマンArrmanatha Nasir氏は、木曜日にジャカルタで、これは、インドネシアから新政権への閣僚レベルでの最初の訪問だと語りました。Retno Marsudi外相は、訪問中に、レックス・W・ティラーソン米国国務長官と米商務長官と会う予定です。Arrmanatha Nasir氏はまた、外務省は、外相が米国議会の議長に会えるように取り組んでいて、マイク・ペンス副大統領への公式訪問も行うと述べました。Retno Marsudi外相の訪問の目的は、すでに、マイク ペンス副大統領がインドネシアを訪問したときに伝えられた約束として両国間の戦略的協力関係を改善するための努力について議論します。この訪問で、Retno Marsudi外相は、今年40周年迎えたASEAN-米国の会議にも出席します。

Darmin Nasution大臣は、四半期の経済は5.1%の成長を確信する

Darmin Nasution経済担当調整大臣は、2017年の第一四半期の成長は、5.1%に近くになると確信しました。Darmin Nasution大臣は、木曜日にジャカルタで、今年初めの経済的動きの追加的な刺激は、粗のパーム油とゴムの商品価格の上昇のような、輸出業績が向上したためだと語りました。Darmin Nasution大臣は、粗パーム油価格の上昇は、特に、カリマンタンとスマトラなどの商品生産領域において、収益と公共消費を増加させることができると考えています。また、Darmin Nasution大臣によると、昨年第二四半期から今年、第一四半期にシフトされた収穫サイクルの要因は、国内総生産の成長を増加するということです。

インドネシアは、国連メンバーの海事フォーラムをリード

インドネシアとフィリピンは、ジャカルタでの今年の第4四半期に中国と米国を含む、その他8カ国を加えての、東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟間の海上協力国際フォーラムをリードする予定です。インドネシア外務省のASEAN協力Jose Tavares局長は、木曜日の夜、マニラで、ASEAN高官は、ジャカルタの海洋問題を議論することに合意したと語りました。海事問題は、ジョコ・ウィドド大統領の内閣政権にとっての優先事項の一つです。Jose Tavares局長によると、フォーラムは、安全性、環境保護、地域の管理だけでなく、災害管理の面で海上協力を向上させるためのインドネシアのイニシアチブだということです。彼は、この地域は、南シナ海の50%のグローバル商船が通る世界の主要貨物が行きかう航路であると強調しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990