21August2017

Home ニュース 情報通信大臣は、デマを戦う

情報通信大臣は、デマを戦う

偽のニュースやデマは、2017年の同時に地方選挙に頻繁に現れました。偽のニュースは、地方選挙の候補者の当選の可能性を意図的に減らすために行われます。それを見て、Rudiantara情報通信大臣は、人々が偽のニュースの流布(るふ)によって、特に2018年6月に行われる同時に地方選挙で害を受けないように偽のニュースと戦うた事を国民に呼びかけました。Rudiantara大臣は、国民が流布する偽情報の影響を受けないように努力していると語りました。 それは国民が負の要素が含まれていることが懸念されている情報を何回もチェックするようにするための広報活動や教育を提供するということです 情報の確認は、人々が偽のニュースの影響を避けるための一つの方法です。

インサート :    地方 選挙は賑やかで通常支持者なので、デマという様々な虚偽(きょぎ)のニュースがあります。私によると、現在、より良くなっています。例えば、量の面でジャカルタの地方選挙以降、第二ラウンドでデマは、減少しましたが、質の面で鋭くなりました。もちろん、私たちは、国民誰に対しても常に広報活動と教育を行いたいと思っています

Rudiantara大臣は、偽情報の問題は、インドネシアだけでなく、世界の国々で行われている防止の焦点の課題になっていると述べました。米国、中国、ロシア、他の国などの先進国や発展途上国は、それぞれの国にとって負の影響を与える可能性がある偽情報と戦っています。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990