24May2017

Home ニュース 大統領:年間に予算計画が集中することはない

大統領:年間に予算計画が集中することはない

Joko Widodo大統領は、年間に国家予算や地方予算の計画が集中と優先を持っていないと強調しました。これは、水曜日にジャカルタで、2018年の政府の作業計画のための2017年の国家開発計画会議を開くときに大統領が語りました。Joko Widodo大統領によると、優先というのは、いくつかのプログラムに焦点を当てて、それに、計画されているプログラムは3つ以下のほうがいいです。大統領は、現在までの計画は、主に、以前のプログラムを繰り返し、単なる日常的なことを行われると述べました。彼は、10%の追加がある場合、その後、すべての当局が10%追加して、これは省にも起こると述べました。Joko Widodo大統領は、彼は大臣に提出し、将来の計画では、インフラと投資のみに焦点を当てると述べました。

 

産業省は、新工場、Greenfieldsの乳製品の輸出を支援する

産業省はGreenfields Indonesia株式会社の新しい低温殺菌牛乳工場の輸出をすることに支援します。これは、火曜日にジャカルタで、Greenfieldsの管理人と会合したAirlangga Hartarto大臣と同行した後、産業省のアグロ産業当局のPanggah Susantoの局長が語りました。Malang地区のNgajum県のPalaan村に位置している工場は、以前、Gunung Kawi村に位置したGreenfieldsの工場の移転です。Panggah Susanto局長は、この会合で、Airlangg大臣とGreenfieldsの方は、地元の農家の必須吸収性新鮮な牛乳は、国内産業によって行われる必要があることに関連することを議論したと付け加えました。輸入された新鮮な牛乳や無脂肪牛乳の割合がますます多くなるので、そのような依存を減らすための努力を必要としています。現在、国の新鮮な牛乳や無脂肪牛乳の生産は、唯一の既存のすべてのニーズの20%を満たし、そのため、輸入は避けることができません。しかし、Panggah Susanto局長は、国内の牛乳の生産は、10年の全体的な用語の40%を満たすことができるように増加させることができるため、政府は目標があると強調しました。

 

副大統領:私立イスラム大学は全国的に競争することが出来なければならない

Jusuf Kalla副大統領は、私立イスラム大学は全国的に競争するために品質を向上することが必要と述べました。これは、水曜日にPalangkarayaのPalangkaraya Muhammadiyah大学での私立イスラム大学協力の国家機関の作業会議と国際ワークショップセミナーで演説をしたときに副大統領が語りました。Jusuf Kalla副大統領は、私立イスラム大学は全国的に競争することができるため、大きなステップは必要があると主張しました。私立イスラム大学は定性的な目標を確認する必要があり、例えば、5年後に、インドネシアのトップ10大学が、50%はイスラム大学です。そのため、大学間の良好な協力が必要です。

 

最も外側島にいるインドネシア国軍の兵士は選ばれた兵士

第9軍事地域の司令官、Komaruddin Simanjuntak少将は、外側の島にいる兵士たちは、以前いずれかの方法で洗濯された兵士だと述べました。これは、水曜日に東ヌサトゥンガラのKupangでKomaruddin Simanjuntak司令官が語りました。彼は、厳格な選択を通過する必要があるので、インドネシアに属する島を守るために、すべてのインドネシア国軍の兵士を選ぶことはできないと述べました。そのため、彼は、両方の外側の島の兵士たちは、個人的な性質のものをさておき、国家の主権を守るために関連することに最優先にすると要請しました。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990