28April2017

Home ニュース 非同盟諸国運動のアーカイブは、早急に世界遺産になることが期待

非同盟諸国運動のアーカイブは、早急に世界遺産になることが期待

非同盟諸国運動のアーカイブは、非同盟諸国運動の存在と意義について、世界中の人々の意識を高めるために世界遺産や世界の記憶になることが期待されています。インドネシアの国立公文書館のMustari Irawan会長は、火曜日にジャカルタで、アジア・アフリカ会議のアーカイブ展覧会のオープニング終了後、津波の公文書館に加えて、非同盟諸国運動のアーカイブも、「世界の記憶」にすることができるように、提案していると語りました。アジア・アフリカ会議のアーカイブは、すでに2015年に承認されました。津波のアーカイブは、受領され、2017年9月に委員会で議論されます。一方、非同盟諸国運動のアーカイブは現在、提案されています。国立公文書館は、セルビア、アルジェリア、スリランカ、インドとともに、指名者として、非同盟諸国運動をユネスコの「世界の記憶」に提案しています。Mustari Irawan会長は、アジアアフリカ会議のアーカイブのような、非同盟諸国運動のアーカイブには、意義と非常に高い価値があり、貴重な歴史的遺産になると述べました。

政府は、技術分野での米国の投資を奨励

投資調整委庁(BKPM)は、技術とサービスの分野で、アメリカの投資家の投資を後押しします。なぜなら、アメリカの投資は、主に鉱業、石油やガスを目標としているからです。BKPM のThomas Lembong会長は、木曜日に、ジャカルタの副大統領宮殿で、商品の時代は過ぎ、今、デジタル時代に入っているので、21世紀を反映しているインドネシア、アメリカとの経済関係のタイムリーな評価は、特に技術やサービスであると語りました。Thomas Lembong会長によると、現在、技術の分野で、米国の投資家の投資コミットメントはないということです。彼らは、インドネシアの法の確定を持っています。その一つは、データの自由を禁止についてです。Thomas Lembong会長は、技術開発の現象は今、世界的な傾向となっている。その一つは、クラウドコンピューティング技術システムだと述べました。Thomas Lembong会長はまた、将来、インドネシア、米国の経済関係は、2017年5月のインドネシア共和国の外務大臣、レットノ・マーシュディの訪問を通じてフォローアップされると語りました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990