26July2017

Home ニュース 政府は、知的財産開発の統合を奨励

政府は、知的財産開発の統合を奨励

インドネシア政府は、インドネシア経済の引き上げを後押しするための試みとして、国家知的財産戦略を実現することを約束しました。これは、木曜日にジャカルタで、2017年の世界知的所有権の日の記念の前に、法務人権省の知的財産権協力とエンパワーメントのディレクターのDede Mia Yusantiが語ったものです。Dede Mia Yusantiによると、国家知的財産戦略計画における促進の試みの一つは、インドネシアにおける知的財産の開発の方向性の形成に関わる様々な機関の連携を高めるということです。

インサート : 

今年、我々は、国家IP戦略を形成します。これは、今年の世界知的所有権の日に我々が、後押しし、紹介させるものの一つです。我々は、これまで、別々の歩んでいました。創造経済庁は、、自身の議題を持っており、KI局長は、自身の議題を持っています。高等教育の研究技術省もまた、独自の活動を持っていますが、最終的に戦略方向性は、不明です。一緒にどこへ、それは我々が奨励したい精神です。

Dede Mia Yusantiはまた、様々な機関・団体の協力を増やすことに加えて、インドネシアのいくつかの大学におけるイノベーションセンターとと研究機関センターを開くとと説明しました。Dede Mia Yusantiによると、それは、自立支援と経済を促進するために中流の人々のイノベーションを支援することが意図されているということです。彼自身、人々の知的財産に対する理解の低さにスポットを当て、政府は、中流の人々に知的財産について広く知らせる試みを後押しし、続けるということです。

インドネシアとサウジアラビアの警察は、テロ対策で協力

インドネシアとサウジアラビアの警察は、インドネシアへのサウジのサルマン・ビン・アブドゥルアジーズ・アル・サウド国王が訪問中、2カ国が署名した契約の一つとして、テロ対策における協力を強化することになりました。サウジアラビアのOthman Bin Nasser Al Mehridj警察署長は、火曜日の夜にジャカルタの在インドネシアサウジアラビア大使Osama Mohammed Al-Shuibiの公邸での記者会見で、サウジアラビア王国で行われているテロリズム対策は、非常に成功したとみなされていて、サウジアラビアは、この分野での協力を高めるために、インドネシアを含む全ての国に対して開かれていると語りました。覚書のフォローアップとして、Othman Bin Nasser Al Mehridj警察署長は、インドネシア共和国警察本部を訪問し、テロの脅威に取り組むためのセキュリティ情報の交換を議論するためにインドネシアのTito Karnavian警察署長と会談しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990