22June2017

Home ニュース ジョコウィドド大統領は、国家的優先のインフラプログラムは、2017年-2018年に完了

ジョコウィドド大統領は、国家的優先のインフラプログラムは、2017年-2018年に完了

ジョコウィドド大統領は、全体の国家的優先インフラ開発プログラムは、2017年―2018年に完了しなければならないことを思い出させました。これは、火曜日にジャカルタの国家宮殿の大統領府で、インフラ資金調達を議論するために限定閣議をリードするとき、ジョコウィドド大統領が語ったものです。ジョコウィドド大統領は、インフラ開発は、資金調達が、大きくなっているので、再び延期することはできないと述べました。この機会に、ジョコウィドド大統領は、国家予算や民間、国有企業及び政府保証で政府と民間の協力などの非政府予算から供給する継続的なインフラ開発のための資金調達に関する報告書を要求します。ジョコウィドド大統領によると、民間部門は、インフラのために支払うことを望まない場合、政府と民間または民間と国有企業の協力のスキームを提供することができるということです。ジョコウィドド大統領はまた、市場からの新鮮な予算を得るために、証券会社は、ジャワ島とジャワ島外の両方のインフラ開発の加速を行うことができると述べました。ジョコウィドド大統領は、インフラの支払いは、ジャカルタ周辺のLRT、ジャカルターバンドンの高速列車、ジャカルタースラバヤの高速道路などがあると述べました。

オランダはインドネシアに自信を表明

在インドネシアオランダ大使Rob Swartbolは、月曜日にジャカルタで、インドネシアへの投資の協力の可能性に自信を表明します。Rob Swartbol大使によると、現在、オランダは、インドネシアで投資する第三位の外国人投資家となっているということです。また、オランダは、インドネシアで欧州連合(EU)からの最大の外国人投資家です。Rob Swartbol大使は、それは、インドネシアへのオランダの投資家の信頼の証拠だと語りました。Rob Swartbol大使によると、オランダの投資家や事業家は、二国間協力で一緒に開発することができるインドネシア国家の可能性への信頼を考えています。Rob Swartpol大使は、現在のインドネシアとオランダの貿易協力は、パーム油の貿易、インフラ、および園芸だと語りました。Rob Swartpol大使はまた、インドネシアとオランダの人々の関係の改善を奨励すると述べました。Rob Swartpol大使によると、インドネシアとオランダ間の訪問のレベルは、お互いを訪問し、両国の若い世代の関心の高まりとともに、増加するということです。学生交換スキームに加えて、インドネシアとオランダの人々の訪問レベルは、観光分野で、インドネシアの様々な分野に拡張されました。Rob Swartpol大使は、インドネシア人は、オランダの訪問中に故郷に似た雰囲気を見つけると考えています。

インドネシアのインフラのためのIDBの資金調達の可能性は、10億ドルに達し

イスラム開発銀行 - IDBは、インドネシアのインフラ開発のためにSarana Multi Infrastruktur  社と覚書を締結しました。Sri Mulyani財務大臣は、月曜日にバリのヌサドゥアで、IDB Member Countries Severeign Investments Forumの開会式で、対策は、インフラプロジェクトの開発を加速する政府の目標に従うと述べました。この開発は、高速道路、国境施設の改善、空港の建設、経済特区や他の優先プロジェクトの開発を含みます。Sri Mulyani大臣は、IDB加盟国が提供する資金の備蓄は、10億ドルに達すると述べました。この大きな数字は、6点の合意に注がれます。Sri Mulyani大臣は、IDBのメンバー間の投資のフォーラムは、インドネシアへの資金を誘致するため機会を開くと評価しました。このことにより、インドネシアの経済成長を促すことができます。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990