26July2017

Home ニュース 副大統領は、ソマリアへの人道支援を実施する予定

副大統領は、ソマリアへの人道支援を実施する予定

Jusuf Kalla副大統領は、東ジャワのSurabayaのTanjung Perak港からソマリアの飢饉に取り組むために、千トンの米を人道支援する予定です。これは、月曜日にジャカルタでJusuf Kalla副大統領と会合した後、高速アクションレスポンス(ACT)のAhyudin社長が語りました。Ahyudin社長によると、この会合で、Jusuf Kalla副大統領は、飢餓に苦しむソマリア人を助けるために、米を寄付する人々を招待する方法をとったACTインドネシアに感謝したとの事です。Ahyudin社長は、ACTは、緊急にソマリアの食糧が必要とされているので、食糧援助をする事を優先させ、その結果、お金の形での寄付は、米に代わるだろうと付け加えました。

 

北スマトラは、フランスに発電所の投資を提供する

北スマトラ州政府は、フランスの投資家に地域の再生可能エネルギー発電所の投資を提供しています。北スマトラ州のHT Erry Nuradi知事は、Medanで、北スマトラ、特に、太陽光発電、海流発電や風力発電などの再生可能エネルギーから、電力の必要性がまだあることを明らかにしました。これは、月曜日にジャカルタでインドネシアのフランス大使、Jean Charles Berthonnetの訪問を受けた時、HT Erry Nuradiが語りました。フランスが再生可能エネルギー技術を開発する上で非常に良い経験を持っていることを知って、HT Erry Nuradiは、フランスへ発電所の投資プランを提供しました。そして、北スマトラ州政府は、北スマトラ州に投資する投資家の利便性をはかる準備ができていると述べました。発電部門への投資に加えて、フランスの投資家は、観光、農業、貿易、サービス、および海洋に至るまで多くの分野に投資することができます。

 

Ponorogoの地すべり被害者への避難中止

Ponorogo地域の防災管理局Sumani局長は、東ジャワのPonorogoで起きた地滑りの被災者への避難を中止したと述べました。Sumani局長は、月曜日に、被害者である全員の避難が中止したと理解していることを、インドネシアのラジオ共和国に語りました。彼は被害者の速やかな避難と捜索の中止の主な要因は、より数多くの深刻な道路やアクセスへの損傷であると述べました。第二に、道路が一車線しかないため、人々が移動することはできない事です。

 

国家開発計画庁:首都移転の調査は、2017年に完了

Bambang Brojonegoro国家開発計画大臣は、ジャワの外側の新しい地域へのジャカルタからの首都移転を調査は、今年完了するだろうと語りました。Bambang大臣は、月曜日にバリのBadungのNusa Duaで、新首都となったいくつかの潜在的な市の候補があると述べました。彼は、新しい首都の候補として、中央カリマンタンのPalangkarayaを認めました。大臣は、国家開発計画庁のチームは新しい首都の建設のための資金源として土地の提供の準備と地域の基準を分析しています。以前、Bambang大臣は、新たな経済の中心地の確立の必要性があるため、首都移転計画が再浮上していると述べました。彼によると、ジャワはインドネシア経済により影響を与えるだろうとのことです。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990