28April2017

Home ニュース インドネシア国軍の司令官は、空軍力は、他国に劣ることはないと述べる

インドネシア国軍の司令官は、空軍力は、他国に劣ることはないと述べる

インドネシア国軍のGatot Nurmantyo司令官は、インドネシア空軍の能力は、人材面でも、防衛システムの主要機器の先進性の面でも、他の先進国の空軍に劣(おと)っていないと語りました。インドネシア空軍は、その能力を示しています。現在の戦争で空軍力は、軍事力を証明する重要な役割を果たしています。これは、日曜日に東ジャカルタのHalim Perdanakusuma空軍基地で、インドネシア空軍の71周年記念式典に出席した後、インドネシアラジオ放送局にGatot Nurmantyo司令官が語ったものです。一方、インドネシア空軍参謀長官の特別なスタッフSupomo大将は、空軍の能力は、他の国に劣らないというインドネシア国軍司令官の評価に同意すると述べました。これは、空軍が所有する防衛システムの主要機器が、より近代化されてきていることによって証明されます。

インドネシアは、国連に、シリアの紛争解決を促す

インドネシアは、国際法に違反して、Khan Shaykhun地域で有毒ガス攻撃を行ったことを含め、シリアでの紛争の解決を国連に促しました。外務省のスポークスマンArrmanatha Nasirは、日曜日に、インドネシアは、シリアの化学兵器の使用を非難すると主張しました。インドネシアはまた、シリアの危機を解決するための対話と包括的な政治プロセスを奨励します。Arrmanatha Nasirは、インドネシアは、原則的に、国連安全保障理事会の支持を得ていない米国の攻撃を含む、あらゆる種類の一方的な行動をサポートしたことはないと説明しました。Arrmanatha Nasirによると、インドネシアは、紛争のいずれかの当事国ではないが、人道上の理由と良い解決策を検討した決定を下すことを国連に要請する陣営にあるということです。

G-20は、福祉の分配にデジタル化の利点を活用することで合意

G-20のデジタル分野の担当大臣は、福祉の分配のために、正しい方向にデジタル化の利点を活用することで合意しました。日曜日に、情報通信省のプレスリリースは、この合意は、2017年4月7日(金曜日)に終了した、ドイツのデュッセルドルフでのデジタル分野のG20閣僚会議後、閣僚の共同宣言で採択された内容の一つだと述べました。閣僚たちはまた、福祉と所得格差の不平等を削減する必要性に対処するために、インキュベーションの開発、共有の経済的な創造を奨励するものとして、様々なデジタル経済のビジネスモデル開発と導入、労働力のデジタル化、金融インクルージョンを支援することをG20諸国で推進することで合意しました。この機会に、情報技術省を通じてインドネシアは、ジニ比によって測定される福祉と所得分配の不平等に焦点を当てた提案書を提出します。福祉不平等の問題はまた、G-20の他の加盟国でも起こっている問題です。

Yapongダンスが、モロッコフェスティバルで注目をあびる

3人のインドネシアの学生が踊ったYapongダンスが、モロッコのラバトのメフディー・ベン・バルカの文化ビルで開催されたモロッコ国際子供音楽と教育の歌フェスティバルで観客に歓迎されました。在ラバトインドネシア大使館の社会・文化の情報秘書のHanung Nugrahaは、月曜日に、この国際子供音楽と教育の歌フェスティバルは、モロッコの青年・スポーツ省がサポートし、春休みの前に、エル・Adwatin協会が毎年定期的に開催していると語りました。フェスティバルは、4月6日から9日まで、4日間続き、教育と行動を反映するものとして環境の清潔さや健康を維持することをテーマにしています。将来的にはインドネシアの芸術や文化によって、インドネシアに対するモロッコの人々の理解が増すことが期待されます。最終的には、モロッコからインドネシアへの観光客の増加が期待されています。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990