28May2017

Home ニュース アメリカ大使館は海洋ごみをなくす取り組みでインドネシア支援を約束

アメリカ大使館は海洋ごみをなくす取り組みでインドネシア支援を約束

 

アメリカ大使館は、いくつかの非政府組織と協力して、2017年4月1日土曜日に、ジャカルタのPacific Placeで、海洋ごみをなくすための取り組みを議論するオープンセミナーを開催しました。このセミナーは、在インドネシアアメリカ大使、Joseph Donovanによって開かれました。Donovan大使は、演説の中で、インドネシアは海が豊かで比類のない美しさを持っていると述べました。しかし、同時に、Donovan大使は、インドネシアは世界で二番目に多い海洋ごみを出しているという事実を残念に思っています。これに関して、Joseph Donovan大使は、米国大使館は、最優先事項の一つとして、海洋ごみの処理を行うために、インドネシア政府と様々な協力をしていくつもりであると宣言しました。

 

洛陽市にインドネシア・レストランがオープン

洛陽市の人々にインドネシア料理の多様性を紹介するための取組みの一環として、洛陽市に、ワンダフルインドネシアレストランがオープンします。観光省の国際観光マーケティング局のI GdePitana副局長は、土曜日に洛陽市で、あるホテル内にワンダフルインドネシアレストランを開くことを公表しました。ホテルの経営者は、25階のワンフロアーすべてを提供し、150席を用意することに合意しました。回転床システムのレストランで、誰もが25階の高さの回転床からインドネシア料理を食べながら、洛陽の街の美しさを楽しむことができます。雰囲気は、オール・インドネシアで、様々な画像やワンダフルインドネシアのロゴなど、また、Soto、Gado-gado、Sate、NasiGorengなど様々なインドネシア料理が提供されます。

 

Luhut大臣は若い世代が海洋分野で活躍することを求める

LuhutBinsarPandjaitan海洋調整大臣は、若い世代が、海洋の分野でより積極的に活躍することを求めました。大臣によると、75%のインドネシア国民が船員として働いているが、残念ながら、海洋の豊かさについて理解している人はまだ少ないということです。彼は、若い世代がインドネシアのすべての側面を学び、特に、海洋分野で、どのように海を守り、維持していくか理解することができるよう期待しています。Luhut大臣は、開発がすべての分野で持続的に実行されることを期待しています。

 

政府は、住民に木材以外の林産物も利用することを要請

SitiNurbaya環境・森林大臣は、人々に社会林業プログラムを通じて非木材林産物を使用することを奨励しました。木材に加えて使用することができる林産物は、蜂蜜、籐、エコツーリズムによる地域の発展などです。大臣は社会林業のために、環境・森林省は、1270万ヘクタールの土地を目標にしていると述べました。少なくとも、非木材林産物の25%を周辺の人々は利用することができます。これは、日曜日にLampung州、TanggamusのKotaagungでの保全キャンプに出席したときにSitiNurbaya大臣が語りました。しかしながら、社会林業の概念はまた、保全のルールも持っています。そのため、産物を利用しながら、人々は、森林環境を保全しなければなりません。大臣は、森林を賢く利用することで、周辺の人々の生活向上(せいかつこうじょう)にプラスの影響を持つことができると信じています。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990