28April2017

Home ニュース ニュージーランドの海軍参謀長官は、Cilangkapへ表敬訪問

ニュージーランドの海軍参謀長官は、Cilangkapへ表敬訪問

インドネシア海軍参謀長官Ade Supandi大将は、月曜日に、東ジャカルタのCilangkapのインドネシア海軍本部で、ニュージーランドの海軍参謀長官John Martin少将を迎えました。一方、ニュージーランド海軍は、北ジャカルタのタンジュンプリオク港にあるコンテナドックポートに停泊するANZAC級フリゲート艦、HMNZSテカハ(FF-77)の軍艦を登場させました。この軍艦は、163人の乗組員を率いたStephen Lenik指揮官のもと、3月26日から28日までジャカルタにありました。John Martin少将の訪問は、インドネシア国軍Gatot Nurmantyo司令官とRyamizard Ryacudu防衛大臣が訪問する前の表敬訪問です。海軍のトップリーダーの副海軍参謀長官Taufiqoerrahman大将と海軍参謀長官の全アシスタントなどがその表敬訪問に出席しました。

Ogoh-Ogohパレードは、Buleleng地区で「Pengerupukan」を盛り上げた

バリ島のBuleleng地区で Ogoh-Ogohという鬼(おに)の人形のパレードは、1939年のサカ新年のニュピの祭典の前日の"Malam Pangerupukan"を盛り上げました。Buleleng地区のPakraman村の会議のDewa Budarsa会長は、月曜日にSingarajaで、各村の何千ogoh-ogohは、村を行進したと語りました。彼は、Buleleng地区のOgoh-Ogohパレードは、世界から悪霊を根絶する形として"Malam Pangerupukan"を開催する村それぞれの伝統に焦点を当てていると述べました。彼はまた、Ogoh-Ogohパレードは、破壊され、排除されなければならない人間の中にある巨大な性質の象徴として、意味があると説明しました。この性質は、神や優しさに性質に置き換える必要があります。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990