28June2017

Home ニュース インドネシアは、世界の核兵器排除を各国へ促す

インドネシアは、世界の核兵器排除を各国へ促す

インドネシアは、人道に対する核兵器の影響の大きさから、核兵器を保有する国へ核軍縮のプロセスを開始するように、促します。これは、3月27日(月曜日)にニューヨークで、核兵器禁止条約交渉会で、ニューヨークの国連常駐代表であるDian Triansyah Djani大使が語ったものです。Dian Triansyah Djani大使は、国連事務総長と会議の参加国の前で、今日の世界のセキュリティ状況は、核兵器の脅威があるため、非常に心配だと語りました。そのため、核兵器の脅威と使用に対抗する唯一の方法は、世界のすべての核兵器の廃絶です。核兵器禁止条約交渉会議は、2017年3月27日から31日までニューヨークで開催されています。会議は、軍縮のため国連副事務総長、国連事務総長や国連加盟国が参加します。会議は、2016年10月に実施された国連総会決議で承認されました。

インドネシアと日本のコミットメントは、インフラと交通機関の建設を加速

ユスフカラ副大統領は、インドネシアでの人気が終わる駐インドネシア日本大使、谷崎康明との送別のイベントを開催しました。約30分の会議は、ジャカルタの副大統領のオフィスで行われました。 谷崎康明大使は、彼は、ジョコウィドド大統領とユスフ・カラ副大統領の政権に2年半日本の大使としての任務につき、インドネシアと日本との関係は、二国間協力の強化でより緊密になったと語りました。康 谷崎康明大使は、日本とインドネシアは、50億ドルの投資でインドネシアでのインフラ開発の加速の分野での協力を高め、継続すると明らかにしました。康 谷崎康明大使はまた、3月27日(月曜日)にジャカルタで、インドネシアと日本は、インフラ開発の協力の強化の他に、学術の交流ヒューマンリソース分野での協力を高めると述べました。日本は、様々な分野で特に交通機関や建設で、高度な技術を有すると評価します。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990