17October2017

Home ニュース インドネシア. シンガポール友好50周年で、工業省は、職業の協力を探求

インドネシア. シンガポール友好50周年で、工業省は、職業の協力を探求

Airlangga Hartarto工業大臣は、両国友好関係50周年に合わせて、産業職業教育プログラムを開発するために、シンガポールとの連携を模索しています。Airlangga Hartarto工業大臣は、土曜日に、リアウ諸島のバタムで、シンガポールの教育及び産業大臣と会談したと語りました。Airlangga Hartarto工業大臣は、それは、産業界のニーズに応じて熟練した労働力を生み出すことができるように、デュアルシステムのパターンと、中等職業学校のカリキュラムで実施されると主張しました。彼は、デュアルシステムの概念での職業教育は、理論だけでなく、現場重視の教育的アプローチを用いると説明しました。また、シンガポールの工業企業で、見習いのインドネシアの学生のために、アクセスと機会を拡大することも検討されています。

工業大臣は、日本より洗練されたIriana船を進水

Airlangga Hartarto工業大臣は、インドネシアのSumber Marine Shipyard社によって作られた、最初の電気推進技術を持つバルクセメント輸送船であるMV Irianaを進水させました。この船は、完全に国産で、国内の鉄鋼を使用し、最新の電気推進技術で造られた最初の船なので、高く評価する必要があります。Airlangga Hartarto大臣は、土曜日にリアウ諸島のバタムで、最初に実施した国である日本が使用した技術と同様ですが、インドネシア製は、より多くの燃料を節約することができるので、より洗練されていると語りました。長さは117メートル、幅は25.5メートル、高さは7.9メートル、深さは、6.3メートル、および10ノットの速度の仕様の船は、インドネシアの若者によって完成されました。Airlangga Hartarto大臣によると、造船は、造船所の産業の発展を含む、国家開発計画における優先事項として、海事セクターを置くために、政府の施策に沿ったものだということです。

軍艦と海軍特殊部隊は, 国際WIDIフェスティバル2017の準備完了

テルナテ海軍基地Rizaldi司令官は、10月に南ハルマヘラ地区で開催される国際Widi釣り大会2017での、セキュリティを行う準備ができていると主張しました。Rizaldi司令官は、日曜日にテルナテの、インドネシアラジオ放送局に、WIDI島にモニタリングを行った後、WIDIのイベントに関連して、テルナテ海軍基地は、海洋安全保障を実施し、場所の調査後に、用意されたインフラ施設に関連したコマンドに送られるいくつかの局面があると語りました。Rizaldi司令官はまた、ジョコ・ウィドド大統領のためのセキュリティを提供するために、いくつかの状況に応じて、数隻の軍艦とセキュリティを関与させると述べました。一方、南ハルマヘラBahrain Kasuba県庁は、海軍の艦隊を呼び寄せ、解放するために数カ所の公園があると説明しました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990