19November2017

Home ニュース SitiNurbaya大臣は気候変動に対応するため、エネルギー保存を促す

SitiNurbaya大臣は気候変動に対応するため、エネルギー保存を促す

SitiNurbaya環境・森林大臣は、エネルギーの節約を人々に促しました。彼女は、アースアワーを記念し、現在進行中である気候変動の影響を低減する中で、この助言をしました。SitiNurbaya大臣は、土曜日に南カリマンタンのMandiangin村で、人々に環境への配慮を、再び促しました。これは継続している気候変動に影響を与えるからです。一方、アースアワーを記念したエネルギーの節約運動は、2017年3月26日の日曜日に、バンジャルマシンのいくつかの地域で電気を消したことに表されています。これに関連して、BanjarmasinのIbnuSina知事は、ソーシャルメディアを通じてBanjarmasinでのエネルギーを節約することの枠組みの中で開催された活動を紹介してきました。

 

ニュピ、Ketapang港の渡航は24時間停止される

1939年のサカ新年のニュピ祭典の間、東ジャワのBanyuwangiのKetapang港のフェリー輸送は24時間以上行われないことになります。この港の閉鎖は、礼拝を行うバリ島のヒンドゥー教徒を尊重し、ニュピの間、渡航の一時停止について、バリ知事の書簡に配慮したものです。KetapangBanyuwangi港のMuhammad Yusuf局長は、日曜日に、港は3月27日の午後11時に閉鎖して、3月29日午前5時に再開すると述べました。

 

副大統領はいくつかの場所を視察し、2018年アジア大会の準備を確認

Jusuf Kalla副大統領は、日曜日に、ジャカルタで2018年アジア大会を実施するアリーナとして、いくつかの場所を視察しました。Jusuf Kalla副大統領は、修理の段階にあるいくつかの施設の準備を直接確認しました。Jusuf Kalla副大統領が視察したいくつかの場所は、Gelora Bung Karnoスタジアム、Pulomas競馬所、Velodrome、Kemayoran選手村などです。現在まで、政府はまだ、2018年アジア大会実施のための予算を決めていません。しかし、Jusuf Kalla副大統領は、いくつかの機会に効率の重要性を強調しました。

 

2019年にインドネシアは世界的な観光スポットになると予測される

観光のブランディングは、ロゴについて話すだけではなく、評判と値が一貫している必要もあります。観光省の国家観光マーケティング戦略副補佐の設計と協力分野のWidodo部長は、観光開発戦略は、文化や遺産ベースの観光の魅力を強化するだけでなく、自然、コミュニティの資源基盤を強化するための技術も使用して始まると述べました。これは、2017年3月26日の日曜日に西スマトラのPadangで、Pesona Indonesiaのブランディングの社会化活動が終わった後、Widodo部長が語りました。彼によると、インドネシアは、様々な観光ポテンシャルが豊富で、2019年にインドネシアの観光が最大の外貨獲得となることが予測されます。3日間実行されたPesona Indonesiaのブランディングにより、比較的短時間で訪れる国内および外国人観光客が増加すると期待されています。

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990