28April2017

Home ニュース 大統領、西カリマンタンの国境の人々に大2つの要請

大統領、西カリマンタンの国境の人々に大2つの要請

ジョコウィドド大統領は、経済成長と国民の団結を維持している、インドネシア・マレーシアの国境地帯である西カリマンタンのArukに住む人々に、二つのことを要請しました。大統領は、西カリマンタンの経済成長率は、全国平均より高い5.22パーセントに達する事を誇りに感じています。それは、非常に高い数値であるが、地域社会全体によって維持されなければなりません。この要請は、金曜日に、西カリマンタンのSambas地区にあるArukに統合された国境ポストを発足する際、ジョコウィドド大統領が語ったものです。大統領は、世界経済が減速していることを指摘し、大きな困難を持つインドネシアは、2016年に5.02パーセンの経済成長率を達成することができたので、インド、中国に続く第3位の国になるとの事です。

イスタンブール総領事館、トルココーヒー市場に進出する起業家を促進

イスタンブール総領事館は、ヌサンタラのスペシャルティコーヒーのメーカーとのビジネス関係を確立するだけでなく、輸入に関心を示しているトルコのビジネスマンの要望に答えるでしょう。イスタンブール総領事館Herry Sudradjat氏は、日曜日に、インドネシアのコーヒーにとってトルコ市場の進出と内外の潜在能力を知るために、イスタンブールにあるコーヒー部門のビジネスマンとの食事会を開催すると語りました。Herry Sudradjat氏は、トルコでインドネシアの市場シェアは、とても少なく、208,000米ドル、または2015年の14600万ドルのトルココーヒーの輸入総額の1%未満(みまん)であると説明しました。これは、ブラジル、コロンビア、ベトナムに続く、世界第4位での生産国と輸出国として、インドネシアが持つ能力を出しきれていないと考えています。したがって、彼は、インドネシアのコーヒーの輸入を探索するトルコのビジネスマンの強い関心を歓迎します。Herry Sudradjat氏は、インドネシアのコーヒー生産者とのビジネス関係を確立したいという要望を進める準備ができていると述べました。

ジャカルタ - 東京間、柔道研修協力

ジャカルタ特別州政府は、柔道の研修の分野で、日本の東京の関係者と協力しています。ジャカルタの青年スポーツRatiyono局長は、土曜日に、中央ジャカルタの市庁舎で、この協力で、インドネシアの選手、高校生、中学校生及び柔道のコーチは、オリンピックの金メダルを獲得した東京の3人の柔道の先生から訓練を受けます。Ratiyono局長は、この活動は、ジャカルタと東京の間での姉妹都市提携の一部だと説明しました。彼によると、訓練は、北ジャカルタのクラパ・ガディンで3月17日から18日まで2日間続き、150人の選手、柔道のコーチ、200人の学生が参加しました。訓練ではジャカルタの選手や柔道コーチの能力が増(ま)し、いつの日か、オリンピックチャンピオンになることができることを期待されます。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990