26July2017

Home ニュース インドネシアは平和的な核の使用を奨励

インドネシアは平和的な核の使用を奨励

Retno Marsudi外相は、核拡散防止条約に署名する国々に対して平和的目的のための原子力エネルギーの使用の重要性を強調しました。これは、月曜日にジャカルタで、アジア太平洋地域のための核拡散防止(かくかくさんぼうし)条約に関連する地域の会議および対話を開いた後、Retno Marsudi外相が語ったものです。核拡散防止条約は、核兵器の保有を制限する1968年7月1日に署名された契約です。190カ国は、核不拡散、軍縮、平和目的の核技術を使用する権利などの3本柱の契約に署名しました。Retno Marsudi外相は、インドネシアは、バランスの取れた方法で行われるべきであることを一貫すると語りました。Retno Marsudi外相は、十分な課題を提供する国際情勢で、すべての国からのコミットメントを取得することがますます必要だと主張しました。

大統領の特別スタッフ:フリーポートは、純粋(じゅんすい)にビジネス上の問題

大統領の特別スタッフLenis Kogoyaは、パプアのインドネシアフリーポート社の問題は、政治と混合することはできず、純粋にビジネス上の問題です。これは、月曜日に、ジャカルタの国家宮殿で、Lenis Kogoyaが語ったものです。Lenis Kogoyaは、すでにフリーポートインドネシアと通信したと述べました。また、Lenis Kogoyaは、短期的に達成すべきことは、条件を正規化することだと語りました。一方、長期的には、慣習上の権利、補償、環境の改善などの様々な問題を解決します。パプアでのフリーポートの存在は、利点と欠点があります。50年間、同社はパプアの人々に何のメリットもないと考えられていました。利点は、領域の男子のための奨学金や病院です。損失は、フリーポートは、慣習上の権利を考慮されず、補償が無く、環境に注意を払っていなことです。

英国は、インドネシアの森林火災を防止するために300万ポンドを約束

英国政府は、森林火災や土地の予防と管理のためにインドネシアの5州に300万ポンドの資金を提供することを約束しています。これは、月曜日にジャンビで、森林と土地火災に関するジャンビの地域規制と知事規制の発足に出席し、在インドネシア、ASEAN、東チモールの英国大使Moazzam Malikが語ったものです。Moazzam Malik大使は、英国政府はスモッグを原因とする森林と土地火災を回避するために、ルールを作成するジャンビの努力をサポートすると語りました。彼によると、インドネシアの森林は、世界の肺であるので、森林と土地火災は、インドネシアとジャンビの人々だけでなく、世界が有害となるということです。イベントのキーノートスピーカーとしてMoazzam Malik大使は、ジャンビの人々地域規制と知事規制の発足を祝いました。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990