28April2017

Home ニュース Jusuf Kalla副大統領は、2018年アジア大会の資金の有効活用を要請

Jusuf Kalla副大統領は、2018年アジア大会の資金の有効活用を要請

Jusuf Kalla副大統領は、2018年8月18日にジャカルタで開催される2018年アジア大会の資金を有効的に使用しなければならないと述べました。Jusuf Kalla副大統領は、土曜日に西ジャワのBogorでインドネシア赤十字病院のE棟を落成させた後、政府は2018年アジア大会の資金として、8兆ルピアから4兆ルピアに国家予算の使用を削減したと述べました。2018年アジア大会の支持者の会長としてJusuf Kalla副大統領は、2018年アジア大会開催の成功を確保し、この国際的なスポーツイベントの開催を確実にするために、いくつかの民間企業を巻き込むだろうと強調しました。

 

外側の島の決定は、侵略を防止

Susi Pudjiastuti海洋水産大臣は、2017年の第6号の大統領決定の政府政策を通じて、最も外側の諸島として111の島が決定されたのは、外国からの侵入を防ぐためだと述べました。Susi Pudjiastuti大臣は、記者会見で、土曜日にジャカルタで、大統領の決定は、外国人への島の売却及び、インドネシアの市民や外国人によっての個人的な島の所有権など、しばしば、国家の安全を乱す問題を最小限に抑えるために行われると述べました。さらに、これらの規制で、彼女はまた、頻繁に発生する違法行為、麻薬の密輸、海事セクターの奴隷労働、違法漁業の活動などを監視することができます。Susi大臣は、外側側に位置する諸島の制定の後、国の収入になるように島々に存在する資源の使用も、最適化することができると期待しています。

 

大統領はSalman国王の訪問のフォローアップに大臣を派遣

Joko Widodo大統領は3月12日の日曜日に、国王と代表団の訪問でのお別れと感謝を伝えるために、サウジアラビアのSalman bin Abdulaziz al-Saud国王と電話を通じて話し合いました。Retno Marsudi外務大臣は、日曜日に、大統領事務局のプレス、メディア、情報局のBey Machmudin局長に、Joko Widodo大統領は、2か月以内にインドネシアへのSalman国王の訪問をフォローアップするために、主務大臣を派遣すると述べました。一方、Salman国王は、インドネシアの政府と人々から温かい歓迎を受けた事に感謝の意を表明しました。Retno大臣は、日曜日にバリで、Salman国王の出発前に会見しました。Salman国王は、大統領に伝えた両国間での協力強化、そして、政府や民間セクターが、互いに行き来し合うことの重要性を再び話しました。

 

インドネシア海軍は、2隻のマレーシア船を逮捕

西洋艦隊のクイックレスポンスフォースは、Belawan 1のインドネシア海軍本部で、Ujung Aceh Tamiang海域の周辺で、トロール網を使用した、マレーシアの旗を掲げる2隻の外国船を逮捕しました。Belawan 1のインドネシア海軍本部の情報局のSahala Sinaga局長は、日曜日に、密漁を行った外国船の逮捕は、Lhokseumawe海軍基地のPeudawa海上警備パトロールボートを使用したと説明しました。彼らは、違法漁業や出荷ルールの違反の証拠に加えて、いくつかのメタンフェタミン吸引装置や麻薬を発見しました。Sahala Sinaga局長は、この2隻の船が、麻薬を流通させる組織に関わりがあるとみています。

 

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990