23September2017

Home ニュース PKBは、サルマン王の訪問で、サウジアラビアで働くインドネシア人の保護の向上に期待

PKBは、サルマン王の訪問で、サウジアラビアで働くインドネシア人の保護の向上に期待

インドネシアへのサウジアラビアのサルマン・ビン・アブドゥルアジーズ・アル・サウド国王の訪問は、両国のための相互利益が期待されます。サルマン国王は、1500人の側近、10人の閣僚、25人の王子と共に訪問しました。インドネシアへのサルマン国王の最後の訪問は、47年前の1970年であったので、今回の訪問は、特別で歴史的なものを感じさせます。国民覚醒党(PKB)Muhaimin Iskandar党首は、インドネシアにとって、サルマン国王の訪問は、特に石油の豊富な国で働くインドネシアの労働者のための保護を強化するために、サウジアラビアの政府を奨励するように活用すべきだと語りました。サウジアラビアでは、公式、非公式の両方の労働者として働く労働者、数十万人がいます。また、100万人のインドネシア市民は、毎年、サウジアラビアへの巡礼します。訪問の最初の日に、ジョコ・ウィドド大統領は、ボゴールの大統領宮殿でサルマン国王を歓迎しました。その後、翌日、サルマン国王は、国会(DPR)を訪問します。木曜日(2017年2月3日)の午後に、サルマン国王は、イスティクラルモスクを訪問します。

インドネシア外務大臣 とフランス外務大臣は、経済協力の改善を議論

Retno Marsudi外務大臣は、フランスの外務大臣ジャン マルク・エローとの二国間会議を行い、火曜日にジャカルタで外務省のグドゥンパンチャシラで、両国間の経済協力の改善を議論しました。二国間会議で、2人の外相は、特に投資部門、貿易、創造的経済、インドネシアのパーム油製品へのアクセス、およびライセンス、インドネシアの木材製品のFLEG-Tのライセンスで、経済協力のいくつかのトピックを議論しました。Retno Marsudi外務大臣によると、フランスは、欧州連合で販売されるように、インドネシアの木材製品のためのFLEG-Tのライセンスのサポートを提供する欧州諸国の一つだということです。また、両大臣は、インドネシアと欧州連合(EU)との間の包括的経済連携協定の完成を促進するために議論しました。インドネシアとフランスの二国間貿易額は、2016年に約23億4千万ドルに達しました。インドネシアでのフランスの投資家によって興味がある5つの営業部門は、貿易や修理、輸送、倉庫(そうこ)、通信、電気、ガス、水、食品業界だけでなく、基本的な化学工業、化学・製薬品などです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990