26June2017

Home ニュース ジョコウィドド大統領は、オーストラリアの13人の大投資家と会談

ジョコウィドド大統領は、オーストラリアの13人の大投資家と会談

ジョコウィドド大統領は、オーストラリアへ公式訪問し、13人の企業家や投資家とのビジネスミーティングを実施しました。これは、土曜日にシドニーで、Retno LP Marsudi外務大臣が語ったものです。この訪問でジョコウィドド大統領を伴うRetno LP Marsudi外務大臣は、様々なビジネスミーティングでは、インドネシアでの事業を拡大するために、オーストラリアの企業家のかなり高い信頼が見られたと語りました。Retno LP Marsudi外務大臣によると、それは、オーストラリアのビジネスマン代表者によって伝えられたということです。彼らは、昨年、調査を実施しましたがその結果、インドネシアは、事業拡大を行うためにビジネスマンの信頼を受ける上位5カ国となりました。会談で、ビジネスマンは、今後数年間で拡大するコミットメントの見解を示しました。Retno LP Marsudi外務大臣は、ビジネスミーティングに加えて、大統領は、ニューサウスウェールズ州の首相との会談を行いました。ニューサウスウェールズ州は、オーストラリアに住む6万8000人の市民がいますが、その内の4万1435人がインドネシア市民なので、オーストラリアとの関係において重要な意味を持っています。

ASEANにおける東ティモールの参入についての議論を、今年に実行

東南アジア諸国連合(ASEAN)になるための東ティモールの努力は、再び今年のASEANの高官の会議で議論されます。外務省のASEAN協力Jose M Tavares局長は、会議は、ASEAN共同体の発展に対して東ティモールの参入の効果に関連する経済的、政治的、社会的、文化の独立した研究の結果を議論すると語りました。これは、金曜日にジャカルタで、インドネシアの外交政策上の組織によって開催されるASEANに関するセミナーで、講演した後、Jose M Tavares局長が語ったものです。まだ東ティモールに関連する会談を決定していないが、インドネシアは、この会議を主催することを確認しています。Dino Patti Djalal元副外務大臣は、ASEANの一員として受け入れるように、地理的に東南アジアに位置している東ティモールへの支持を表明しました。Dino Patti Djalal元副外務大臣によると、東南アジアに位置する国全体はASEANの一部である必要があるということです。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

Business Address

Jl. Merdeka Barat, 4-5, 4th Floor,

Jakarta10110, Indonesia

Phone: +62 21 3456 811,

Fax: +62 21 3500 990